MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
肉LABO(ステーキ/田町)|話題のブラックアンガスビーフを堪能

肉LABO(ステーキ/田町)|話題のブラックアンガスビーフを堪能

店名の通り、牛肉を中心に、豚や鶏の人気ブランド肉を使ったさまざまなメニューを提供してくれる肉好きにはたまらない店。食肉卸企業のグループ会社が運営するため、上質な肉料理をリーズナブルな価格で提供してくれる。※ランチタイム有

肉LABO(最寄駅:田町駅)

近年人気の外国産赤身牛のなかでも最高峰といわれるブラックアンガスビーフは、ステーキはもちろん、日替わりで希少部位を提供する「本日のおすすめ肉」も要チェック。コース2980円〜も人気だ。

ブラックアンガス トマホークステーキ700g
6480円

ステーキは3〜4人前のボリューム。オーブンに入れては出し、余熱を活かしながら約30分かけてじっくり焼き上げる。写真奥は、「こだわり野菜盛合せ」ハーフサイズ540円。器にビーカー、トング代わりにピンセットという遊び心あふれる一品。

チャックテールフラップ
1983円(204g)

さまざまな部位のグリルが楽しめる「本日のおすすめ肉」は、イチボ、ランプなど毎日4〜5種類が用意されている。写真は、ブラックアンガスビーフの肩部分の脂ののった部位「チャックテールフラップ」1983円(204g)。

肉LABO

東京都港区芝浦3-15-1 シティテラス田町1階 ☎03-5439-6625 [営]11時半〜14時半(14時LO)、17時〜23時、土・日・祝17時〜22時半 [休]無休 [席]58席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし/貸切可 [交]JR田町駅東口から徒歩5分

電話番号 03-5439-6625
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ロゼ色に輝く断面、そしてステーキのごとく分厚いカットに俄然食欲がわく。ゴチソウ感のあるローストビーフを定食屋さながらの普段着で味わうのがこちらのスタイルだ。
秋葉原の「トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。[住所]東京都千代田区外神田3-4-16
グルメライターが渋谷のステーキ店[PEKO CISE(ペコシセ)]を実食レポート。近年牛肉は、上品な脂身を持つきめ細かいサシが好まれている。そんななか、奥渋谷にオープンした『PEKO CISE』で提供する牛肉は、北海道・十勝の雄大な自然で育てられた「十勝大平牛」。[住所]東京都渋谷区神山町4-18
THE OLD STATION(オールドステーション)/ステーキ/東京駅|徹底管理のドラフトビールを提供するビアホール。華やかな香りと甘み、最後のコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、6種類のビールが揃う。
 牛肉を豪快かつリーズナブルに味わいたい! そんな願いをかなえるのが2016年にオープンしたこちらの肉バルだ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt