MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
肉LABO(ステーキ/田町)|話題のブラックアンガスビーフを堪能

肉LABO(ステーキ/田町)|話題のブラックアンガスビーフを堪能

店名の通り、牛肉を中心に、豚や鶏の人気ブランド肉を使ったさまざまなメニューを提供してくれる肉好きにはたまらない店。食肉卸企業のグループ会社が運営するため、上質な肉料理をリーズナブルな価格で提供してくれる。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》肉LABO(ステーキ/田町)|話題のブラックアンガスビーフを堪能の画像をチェック! navigate_next

肉LABO(最寄駅:田町駅)

近年人気の外国産赤身牛のなかでも最高峰といわれるブラックアンガスビーフは、ステーキはもちろん、日替わりで希少部位を提供する「本日のおすすめ肉」も要チェック。コース2980円〜も人気だ。

ブラックアンガス トマホークステーキ700g
6480円

ステーキは3〜4人前のボリューム。オーブンに入れては出し、余熱を活かしながら約30分かけてじっくり焼き上げる。写真奥は、「こだわり野菜盛合せ」ハーフサイズ540円。器にビーカー、トング代わりにピンセットという遊び心あふれる一品。

チャックテールフラップ
1983円(204g)

さまざまな部位のグリルが楽しめる「本日のおすすめ肉」は、イチボ、ランプなど毎日4〜5種類が用意されている。写真は、ブラックアンガスビーフの肩部分の脂ののった部位「チャックテールフラップ」1983円(204g)。

肉LABO

東京都港区芝浦3-15-1 シティテラス田町1階 ☎03-5439-6625 [営]11時半〜14時半(14時LO)、17時〜23時、土・日・祝17時〜22時半 [休]無休 [席]58席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし/貸切可 [交]JR田町駅東口から徒歩5分

電話番号 03-5439-6625
2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
嗚呼、ステーキが食べたい。突然舞い降りた欲望に、食いしん坊は居ても立ってもいられない。
噛み締めた瞬間、こんがり焼かれた香ばしさと、濃厚な肉汁の旨みが口中に広がる。使用するのは黒毛の山形牛で、脂の少ない等級のランプ肉を約400g。油を塊肉の表面にまわしかけて焼き、一度休ませ、今度はオーブンで温めて提供。
グローブ状にカットした豚肉とがっつりニンニク。甘辛ソース味で、付け合わせはキャベツの千切り。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。
ロゼ色に輝く断面、そしてステーキのごとく分厚いカットに俄然食欲がわく。ゴチソウ感のあるローストビーフを定食屋さながらの普段着で味わうのがこちらのスタイルだ。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル