MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
¥500 ピッツァ!!この味なのに この値段で本当にいいの?おすすめピッツァ7店!

¥500 ピッツァ!!この味なのに この値段で本当にいいの?おすすめピッツァ7店!

窯こそ薪窯ではないが、モチモチの生地、トマトの旨みたっぷりのソース。本格店顔負けのピッツァが500円で楽しめる店も増加中と聞き、東京都内で覆面調査を敢行した!あなどるなかれ、本格店顔負けの味!

perm_media 《画像ギャラリー》¥500 ピッツァ!!この味なのに この値段で本当にいいの?おすすめピッツァ7店!の画像をチェック! navigate_next

あなどるなかれ 本格店顔負けの味

今回、500円でいただけるピッツェリアなどを回って、正直驚いた。ワンコインでもしっかりとお腹に溜まるし、つまみとしても満足できるピッツァたちがこんなにもあるなんて!

もちろん、すべてが美味しかったわけではなく、チェーン店の中でも焼き上がりや味の違いを感じたのは、直営店とフランチャイズ店の違い?


また、例えば渋谷の『T』では、「冷凍モノなのでは?」と途中で食べたくなくなったし、
赤坂見附の『P』のように、ピッツァは悪くないものの、店員さんたちが大声で世間話を続ける様子に閉口し、店を後にしたことも。


それでもひたすら、何店もの500円ピッツァを食べ続け、シンプルだからこそ、ピッツァ職人の腕と気概がよく表れているのだと気づかされました。小麦粉やチーズなど、ピッツァの原材料はいま高騰しています。それでもなぜ低価格でピッツアを提供できるのか。



各店に安さの秘訣を聞くと「採算度外視」だったり、「サービス価格」という返答が多数。嫌いな人はほぼいないであろうピッツァだからこそ、店を知ってもらうための足がかりとしての企業努力なのだろう。



今回取り上げたお店は、手作りやオーダー後に生地をのばすという、できたてにこだわっています。きちんと作られた500円ピッツァをいただいていると、もっと高いピッツェリアで、そう変わらないレベルの味を提供するお店もあるなぁなんて、考え込んでしまったり。

500円で提供されるピッツァを一番あなどっていたのはわたし自身だったと反省したり。




これらのお店は、全体的にメニューの価格が抑えめになっているので、ひとりでも複数人でも気軽に行けるちょい飲みにもぴったりだ。


おすすめ ピッツァ店

ビストロガブリ 五反田店

写真:マルゲリータ ¥540

肉のグリルがメインのビストロで提供するのは、職人が生地から店で仕込むピッツァ。「マリナーラ」(486円)やイタリア産モッツァレラと有機バジルがのる「マルゲリータ」など、全5種類のピッツァ(~702円)を揃える。もっちりサクッとした生地は食べ応え十分。塩味がきいており、つまみにも〆にもぴったり。

PAZZO DI PIZZA

写真:マルゲリータ ¥518

カウンターのみなので目の前でピッツァが成形され、焼かれる様が見られるのがうれしい。焼き加減はまさに見事といえる。人懐こい笑顔の店長やスタッフが気持ちの良い接客をしてくれるのも魅力だ。

CONA|コナ

写真:マルゲリータ ¥500

食べ応えのある大きなピッツァ。生地はサクサクで、たっぷりのチーズ、バジルのほか、玉ねぎ、ハムなど具材が豪華。平日14時までのランチタイムではドリンクとサラダ付きで500円と高コスパを誇る。渋谷店は系列店で唯一の全スタンディング形式。ピッツァの直径はランチ時。ディナーは26cm。

fiocca|フィオッカ

写真:マルゲリータ ¥540

渋谷肉横丁の一角で、本格窯焼きのピッツァを提供。サクサクとして何枚でも食べられそうな軽やかな生地のピッツァは、「ゴルゴンゾーラ」や「バジル&マスカルポーネ」、「アップルパイ風ピザ」など、スイーツ系を含め540円ピッツァが16種類とメニューが多彩なのがうれしい。

PIZZA FORNOCAFE

写真:マルゲリータ ¥540

大きな石窯で焼かれたピッツァは、ふかふかとした生地で満足感が高い。店内は開放的な明るい空間で、テイクアウトも可能。平日の14時までのランチは日替わりでドリンクがついたお得なピッツァセット(648円~)も提供している。挽きたて・淹れたてのオーガニックコーヒーも人気だ。

Don Pizza

写真:マルゲリータ ¥500

耳はカリカリ、生地はモッチリとしている。フレッシュなトマトソースに後乗せの生バジルの香りが良く、たっぷりのチーズが魅力的。やさしめの味わいで軽やかにいただけるピッツァだ。

くろねこピッツァ

写真:チーズ少なめマルゲリータ ¥540

農家直送の野菜など、旬にこだわったイタリアン。540円ピッツァは写真のものと、オレガノとバジルが香る「マリナーラ」のみだが、「マルゲリータ」は756円でチーズを増量したものがいただける。店内は雰囲気が良く、落ち着いたカウンター席と明るいテーブル席がある。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル