SNSで最新情報をチェック

名店の味をアレンジ!極細麺で楽しむ和風“味噌そば”。 目黒『支那ソバ かづ屋』や高円寺『はやしまる』など、数々の人気店で修業を積んだ店主が独立。修業先や同門の店にはない「味噌そば」を軸に、名店譲りの「支那そば」や「肉ワンタンメン」を展開する。 [交]JR総武線大久保駅南口より徒歩1分 ※ランチタイムあり

画像ギャラリー

麺屋 悠(最寄駅:大久保駅)

スープは鶏ガラやゲンコツを炊いた清湯と、煮干しやサバ節、ソウダ節でとった魚介ダシを合わせた上品なダブルスープ。スープは共通ながら、醤油味の支那そばはあっさり系、味噌そばはこってり系と、まったく違った印象に仕立てられていておもしろい。ラーメンはもちろんのこと、はちみつを塗ってオーブンで香ばしく焼き上げた肩ロース肉の焼き豚やぎっしり肉が詰まったワンタンなど、トッピング類も名店の味を踏襲。おなかに余裕があれば、ワンタンメン仕様でのオーダーをおすすめする。

味噌肉ワンタンメン

1050円

支那そば

700円

麺屋 悠

[住所]東京都新宿区百人町1-23-11
[TEL]03-3365-5656
[営業時間]月~土11時半~14時、水~土17時半~20時
[休日]日
[アクセス]JR総武線大久保駅南口より徒歩1分

電話番号 03-3365-5656

目黒『支那ソバ かづ屋』や高円寺『はやしまる』など、数々の人気店で修業を積んだ店主が独立。修業先や同門の店にはない「味噌そば」を軸に、名店譲りの「支那そば」や「肉ワンタンメン」を展開する。 [交]JR総武線大久保駅南口より徒歩1分 ※ランチタイムあり

2016年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...