MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】名古屋エリア限定グルメ情報(18) モーニングは全14種類!しかも1日中楽しめる豊明市『和田珈琲店 久音』

【閉店】名古屋エリア限定グルメ情報(18) モーニングは全14種類!しかも1日中楽しめる豊明市『和田珈琲店 久音』

ドリンク代のみでトーストやゆで卵などが付く喫茶店のモーニングサービス。しかし、名古屋市内、とくに都心部ではテナント料や人件費がかさむため、ドリンク代に追加料金を払うモーニングセットが主流になりつつある。メディアで紹介される豪華なモーニングを出す店のほとんどは郊外か市外にあるのだ……。

モーニングは全14種類! しかも1日中楽しめる豊明市『和田珈琲店 久音』【閉店】

ドリンク代のみでトーストやゆで卵などが付く喫茶店のモーニングサービス。

しかし、名古屋市内、とくに都心部ではテナント料や人件費がかさむため、ドリンク代に追加料金を払うモーニングセットが主流になりつつある。


メディアで紹介される豪華なモーニングを出す店のほとんどは郊外か市外にあるのだ。

名古屋市緑区に隣接する愛知県豊明市にある喫茶店『和田珈琲店 久音』。

ココはコーヒー豆の卸販売を手がけるワダコーヒー株式会社の直営店。

それだけに名古屋人好みのしっかりと苦みがきいた深煎りのコーヒーが楽しめる。

ココのモーニングは、ドリンク代(430円~)のみでOK。

写真は「小倉トーストモーニング」。

黒糖パン(※数量限定で売り切れ次第、白パンに変更)を使っているのがポイントで、その風味と小倉あんの甘さが絶妙にマッチしていて旨い。


うん、名古屋人のツボをしっかりとおさえている。

モーニングは、これ以外にもシナモントーストとホイップクリーム、サラダが付く「シナモンシュガーモーニング」やミックスサンドとサラダが付く「サンドイッチモーニング」(写真)など全4種類を用意。

もちろん、すべてドリンク代のみのサービス。

これだけ種類があれば、毎日来ても飽きないだろう。

さらに、ドリンク代に200円~300円の追加料金を払うプレミアムモーニングは、10種類も用意されている。

写真の「ピザトーストモーニング」は、ドリンク代+200円。

香ばしく焼き上げたパンと熱々&トロトロのチーズは、プレミアムの名の通り、リッチな気分にさせてくれる。


ちょっと贅沢したいときはコレで決まりだ。

ところで、モーニングの時間帯だが、巷の喫茶店では、開店から11時とか11時半まで。

長くて12時までが一般的。

実は、モーニングの提供時間がこの店の最大のウリなのだ。


「ウチは朝8時の開店からラストオーダーの夕方5時半まで、営業時間内はずっとモーニングをやっています。

開店当初、モーニングはドリンク代に追加料金を支払うセットのみだったんです。

思うように客足が伸びなかったので、いっそのこと1日中やってしまおうとはじめました。

朝も混み合いますが、昼の2時すぎくらいがピークですね」と、店長。


1日中モーニングという太っ腹なサービスは、コーヒー豆の卸会社直営ゆえに、ある程度のコストカットができるからだろうが、それにしてもスゴすぎる。



【閉店】和田珈琲店 久音

愛知県豊明市新栄町6-1-1
[TEL]0562-85-7424
[営業時間]8時~18時(17時半L.O.)
[定休日]無




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
予約必須の食パンが有名な超超人気店。けれど魅力はそれだけではない! 
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt