MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
江古田のしょうが焼き専門店「笑姜や」500円台で食べられるガテン系定食

江古田のしょうが焼き専門店「笑姜や」500円台で食べられるガテン系定食

笑姜や(しょうがや)/しょうが焼き/江古田|カレーやラーメンに並ぶニッポン人の大好物、生姜焼き。なのになぜか専門店がない……。腹ペコも大満足!500円台で食べられる。

笑姜や(最寄駅:江古田駅)

ならば自分で作ってしまおうと、店主の吉川さんが4年前に脱サラして始めたのがこのお店。研究を重ねた生姜焼きは、豚バラ肉と玉ねぎに、すりおろした生のショウガを加え、醤油、ミリン、ニンニクなどの自家製ダレで香ばしく炒め合わせたもの。こってり感をショウガの風味が爽やかに包み込む。さらにテーブルにあるマヨネーズをチョロリとかければ、背徳の美味にご飯がとまらない。ちなみにご飯は「並」でも一般的な店の大盛りサイズ。味噌汁、浅漬け付きでお値段はなんと580円! 他に塩ダレやおろしポン酢ダレ、味噌ダレなど、味のバリエーションは6種類。好みに合わせてチョイスしよう。

生姜焼き定食 醤油ダレ
580円

自家製の醤油ダレには隠し味にマヨネーズを加えることで、さらなるコクを生んでいる

笑姜や

[住所]東京都練馬区栄町4-10高岡ビル1階 [TEL]03-3557-0313 [営業時間]11時半〜22時半LO ※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]西武池袋線江古田駅南口から徒歩1分

電話番号 03-3557-0313
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt