MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
江古田のしょうが焼き専門店「笑姜や」500円台で食べられるガテン系定食

江古田のしょうが焼き専門店「笑姜や」500円台で食べられるガテン系定食

笑姜や(しょうがや)/しょうが焼き/江古田|カレーやラーメンに並ぶニッポン人の大好物、生姜焼き。なのになぜか専門店がない……。腹ペコも大満足!500円台で食べられる。

笑姜や(最寄駅:江古田駅)

ならば自分で作ってしまおうと、店主の吉川さんが4年前に脱サラして始めたのがこのお店。研究を重ねた生姜焼きは、豚バラ肉と玉ねぎに、すりおろした生のショウガを加え、醤油、ミリン、ニンニクなどの自家製ダレで香ばしく炒め合わせたもの。こってり感をショウガの風味が爽やかに包み込む。さらにテーブルにあるマヨネーズをチョロリとかければ、背徳の美味にご飯がとまらない。ちなみにご飯は「並」でも一般的な店の大盛りサイズ。味噌汁、浅漬け付きでお値段はなんと580円! 他に塩ダレやおろしポン酢ダレ、味噌ダレなど、味のバリエーションは6種類。好みに合わせてチョイスしよう。

生姜焼き定食 醤油ダレ
580円

自家製の醤油ダレには隠し味にマヨネーズを加えることで、さらなるコクを生んでいる

笑姜や

[住所]東京都練馬区栄町4-10高岡ビル1階 [TEL]03-3557-0313 [営業時間]11時半〜22時半LO ※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]西武池袋線江古田駅南口から徒歩1分

電話番号 03-3557-0313
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt