SNSで最新情報をチェック

横浜シーパラダイスのすぐ横に佇む“柴漁港”。そのかたわらに鎮座する、人気の漁協直営食堂だ。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

小柴のどんぶりや(最寄駅:海の公園柴口駅)

これも東京湾産!? その事実に驚いて旨さに再度驚く絶品なり!

東京湾の味として、すっかり定着した感のある穴子が名物だが、その中でも特に大きな穴子のみを使う「煮穴子定食」や「穴子丼一本盛」1350円は、売り切れになることも多いので、早く出かけるようにしたい。そしてこの漁協ではなんと帆立貝の蓄養も行っており、季節限定だが「小柴丼」には、そのホタテの天ぷらが乗ってくる。その身厚さには、改めて東京湾の海としての魅力を感じざるをえない。蛇足だが野菜の天ぷらも旨い!

口の中でとろける「煮穴子定食」1450円

最近話題の海草アカモクも小柴産。「アカモク定食」1350円

小柴のどんぶりやの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市金沢区柴町397 [TEL]045-701-8182(漁協事務所) [営業時間]金・土・日・祝11時~14時頃(売り切れ次第終了)※ランチタイム有 [休日]月~木 [交通アクセス]金沢シーサイドライン海の公園柴口から徒歩5分

電話番号 045-701-8182(漁協事務所)

撮影/谷内敬樹 取材/カーツさとう

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...