MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
シュークリーム専門店の冬の陣!

シュークリーム専門店の冬の陣!

カリッとしたシュー皮にトロリとろけるクリーム。個性的なシュークリームの専門店のシュークリームをさっそく食べ比べてみました。

 常識を覆すホット・シュークリームの噂を聞いて訪れたのは、麻布十番に開店した『ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店』

「あつあつ」シリーズは冬のみの期間限定商品で、レンジで加熱してもカリカリしたシュー皮のままで中のクリームも温めることによって甘さが増す。旨い!

ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店

あつあつ! カスタード味 260円

「ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店」
東京都港区麻布十番2-11-3ドエル麻布1F ☎︎03-6809-5766

 せっかくなので、近くの六本木ヒルズに入っている「Crème de la Crème」にも寄って行こう。京の白味噌シューなど京都発の和風シュークリームがおすすめだ。

 最後に、新宿駅新南口の構内にパリから初上陸した『シュー・ダンフェール パリ 新宿店』。小ぶりのシュークリームに大きめの粒砂糖がまぶしてあり、柔らかめのシューとの食感が絶妙だ。味はマロンやキャラメルなど6種類。お土産にも喜ばれそう。

「シュー・ダンフェール パリ 新宿店」

GIFT BOX SET 842円

「シュー・ダンフェール パリ 新宿店」
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan エキナカ(新宿駅新南口 駅構内) ☎︎03-3354-2181

2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
紀伊國屋書店新宿本店の通路に店を構え、気軽に立ち寄りやすいこちら。夕方からはサラリーマンを中心ににぎわっている。
有楽町の人気アンテナショップ選りすぐりの国産素材を集結させた、珠玉のソフトクリーム。千葉県の牧場で搾乳・加工されて36時間以内に有楽町の店舗に届けられるソフトクリームは、“都内イチの鮮度”でミルク感が強いのが特徴だ。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
スッキリと甘い“スキアマ”をキャッチフレーズに、昨年秋に台湾から日本上陸。東方美人、鉄観音など本国から随時レシピを受け継ぎ、現在は約20種類のフレーバーから1日2種類を週替わりで提供する。
代々木上原の『パティスリー ビヤンネートル』でパフェを担当していた馬場麻衣子さんが、パフェのためのジェラートも作りたいと2017年3月オープン。両店の試作を行うラボ的存在でもある。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt