MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
季節料理 赤津加|上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ(居酒屋/秋葉原)

季節料理 赤津加|上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ(居酒屋/秋葉原)

創業63年。飴色に輝くコの字カウンターに静かな時の流れが漂う。

季節料理 赤津加(最寄駅:秋葉原駅)

現在は3代目の寺谷さんが厨房に立ち、老舗の味を守る。端正な肉じゃがは、澄んだダシに煮崩れることなく大きなじゃがいもが鎮座する。使う肉は、創業時の牛から豚へ。小さな変革が常に老舗の味を時代に寄り添わせているのだ。けたたましい電気街に忽然と残る老舗酒場の面目躍如の一品である。

肉じゃが
730円

なるべく大きな男爵いもを選び、豚肉、玉ねぎ、糸こんにゃくと煮込む。ほんのりと甘さのある上品な醤油味が日本酒を呼ぶ

鶏もつ煮込み
820円

鶏皮や内臓と根菜、豆腐を煮込んだ味噌味の煮込み。看板メニューのひとつだ

菊正宗 本醸造
500円(一合)

老舗酒場らしく、熱燗は昔ながらの菊正宗。寒い季節にさっぱりとした飲み口のこの熱燗と品のいい肉じゃがで一献は、なんとも味わい深い

季節料理 赤津加

東京都千代田区外神田1-10-2 [TEL]03-3251-2585 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半、土~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・第3土 [席]カウンター15席、テーブル22席、計37席/全席喫煙可/予約可(18時半までに入店の場合のみ)/カード不可/サなし、お通し代別350円 [交通アクセス]JRほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分

電話番号 03-3251-2585
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
下町酒場は陽気なムードと安くて旨い料理が魅力。そこにクラフトビールやこだわりの日本酒、ナチュラルなワインが加わったこの店は最強だ。
またひとつ渋谷にいい店が誕生した。超人気の日本酒居酒屋『高太郎』を経て今年独立した酒井さん。
昼の11時から通し営業でやってるザ・立ち呑み店である。2号館のディープな雰囲気とも合っている。
店内のみんながニコニコしていて、とっても幸せそう。それがこのお店の第一印象。
昭和の頃は、水餃子といえばスープにとぷんと餃子が浮いていた。同店の水餃子はまさに懐かしいそのスタイル。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt