MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】煮こみや なりた(ビストロ/代々木)|旨さ爆発の料理に感激私の永遠の三ツ星店!

【閉店】煮こみや なりた(ビストロ/代々木)|旨さ爆発の料理に感激私の永遠の三ツ星店!

まずはとくとご覧あれ、小さなキッチンから生み出される店主・成田さんのパワフルなビストロ料理を! 虜になって数年、常識を覆す独創性と心揺さぶられる感動の旨さ、圧巻のコスパに一体何度、驚嘆の声をあげたことだろう。

※閉店※煮こみや なりた(最寄駅:代々木駅)

もはや中毒レベルの1品が「鴨ムネ肉のポワレ」。豪快に焼いた鴨とマンゴーを合わせる斬新な組み合わせで、深いコクのソースと絡めればもう失神寸前(笑)。ほかにもフォアグラをふんだんに使うパイ包みなど、独学で腕を磨いたフレンチのセンスにはひれ伏すばかりだ。とはいえ「うちは飲み屋だから。自由にいろんな食材を使ってもいいかなと思って」と茶目っ気たっぷりに謙遜する。そう、このお人柄もナイス。“なりたワールド”を体感すれば、アナタもきっと中毒仲間!?

鴨ムネ肉のポワレ
2052円

鴨肉は約400gのボリューム。フレッシュなマンゴーと交互に重ねた盛り付けは思わず歓声があがる豪快さと美しさだ。フォンドボーにポートワインを加え甘みをプラスしたソースがマッチ

リンゴのファルシ
1080円

くり抜いたリンゴに豚肉のコンフィとフレンチ風にアレンジした焼売の餡を詰めて焼いている。皿に敷き詰めたニンジンピューレが目にも鮮やか。フルーティな果実と豚肉の旨みにまろやかなピューレがアクセントとなって、想像を超える旨さ

和牛仔牛リブロースグリル
2052円

グリルした和牛リブロースにコロッケやカボチャのニョッキなど意外な付け合わせがゴロゴロと付く。ひと皿で二度も三度も美味しいとはまさにこのこと

マール
グラス756円

食後はアルコール度数が高い蒸留酒「マール」でキリッと〆るのが私、肥田木のスタイル。フランス各地で造られた3、4種類を用意している。ワインは赤白合わせて約30種の品揃え

※閉店※煮こみや なりた

[住所]東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19 [TEL]03-3355-2538 [営業時間]18時~22時LO [休日]日・祝、第1・2月 [席]カウンター10席、テーブル4席、テラス6席 計20席/全席禁煙可/予約が望ましい/カード不可/サなし [交通アクセス]JR山手線代々木駅東口から徒歩1分

電話番号 03-3355-2538
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
4005views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt