SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全国約1700の酒類(日本酒、本格焼酎・泡盛、本みりん)メーカーが所属する日本酒業界最大団体「日本酒造組合中央会(以下、中央会)」は2022 年6月17日(金)・18日(土)の 2 日間、東京国際フォーラムにて『日本酒フェア 2022』を実施します。実際に会場での開催は2019年以来となります。

2019年に行われたイベントの様子

日本酒フェア2022は、「令和3年全国新酒鑑評会 公開きき酒会(以下、公開きき酒会)」と「第14回全国日本酒フェア(以下、全国日本酒フェア)」から構成(チケット料金・各3,000円/入場券は前売り発売券のみ)。

公開きき酒会では110回の歴史をもつ全国新酒鑑評会で金賞を受賞した日本酒約230点を一般の方が楽しめる唯一の機会として日本酒ファンから根強い人気を得ています。全国日本酒フェアでは、沖縄と鹿児島を除く全国45都道府県から地域自慢の日本酒と蔵元が集まり、全国を津々浦々旅行している気分で日本酒を楽しむことができます。

また、国の唯一のお酒に関する機関である独立行政法人酒類総合研究所や各地の酒造組合から講師を招き、ここでしか聞くことができない貴重な情報や裏話に触れることができる日本酒セミナーも開催。特に、日本酒のユネスコ無形文化遺産を目指した取り組みを造り手の目線から語る回は今回限定のもの。

さらに、日本酒と料理のマリアージュで高い人気を誇るGEM by motoの千葉麻里絵氏と、日本酒造組合中央会理事の宇都宮仁氏とのクロストークでは、料理と日本酒のマリアージュを科学的にひも解きます。(チケット購入者のみ無料で参加可能)

※チケットは売り切れとなる場合があります。

次のページ
イベント概要...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...