MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ラ メゾン ダミ(ビストロ/目黒)|ココット料理を囲みながらテラスで過ごす休日タイム

ラ メゾン ダミ(ビストロ/目黒)|ココット料理を囲みながらテラスで過ごす休日タイム

「友達でも恋人でも誰を連れて行っても間違いない」とライター肥田木が太鼓判を押すビストロ。これからの季節は開放的なテラス席で休日ディナーもいいだろう。

ラ メゾン ダミ(最寄駅:目黒駅)

ここはフランスのストウブ社のココット鍋を使った料理が看板で、パリやブルゴーニュで修業したシェフがこだわりの肉や魚を現地風に仕上げてくれる。それらメインも外せないが、前菜で必食すべきはシャルキュトリーの盛り合わせ。自家製パテなど手間暇かけた味の美味しさといったら! もうワインが進まないワケがないのだ。

仔羊の煮込み"ナヴァラン風"
2480円(税別)

仔羊や香味野菜のダシを加えて煮込んだトマトベースの味わい。仔羊のスネ肉は骨からホロリと身がはずれるほどやわらかい。羊のソーセージのほか、カブやジャガイモなど野菜がたっぷり入る

自家製シャルキュトリーの盛り合わせ(3~4人分)
1880円(税別)

日によって内容は変わるが、基本は鴨肉の薫製(自家製ハム)、豚のリエット、鶏白レバーのムース、田舎風パテの4種。ワインはグラス赤白計7種前後、ボトルは約80種類を用意している。グラスシャンパンも980円とお値打ち

お店から一言

日常使いで楽しめる気軽なビストロです。

シェフ・稲生 大伸さん

ラ メゾン ダミ

[住所]東京都品川区上大崎3-4-9 [TEL]03-3280-3700 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]無休 [席]カウンター4席、テーブル28席、テラス8席、計40席/全席禁煙/予約可/カード可/パンチャージ500円、サなし [交通アクセス]JR山手線ほか目黒駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3280-3700
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt