MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
魚末|商店街の1番先の魚屋(魚屋/駒込)

魚末|商店街の1番先の魚屋(魚屋/駒込)

下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。霜降から始まる長い商店街リレーの1本道のいちばん先の角にあり、隣には豆腐屋さんも。焼き魚は夕方から提供。

魚末(最寄駅:駒込駅・西ヶ原駅)

住宅も増えた商店街に残る大正時代からの魚屋だ。

東京都北区西ケ原4-27-
14 [TEL]03-3910-5034 [営業時間]10時~19時 ※ランチタイム有 [休日]第三水、日

電話番号 03-3910-5034
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
茨城県の東南端、神栖市波崎は鹿島灘を臨み、昔から水産加工品製造が盛んなエリアだ。そこで明治15年創業の老舗、『鴨安商店』が作る伝統の味「いわし桜干」もまた、最高金賞受賞の見逃せない逸品だ。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
フレンチレストラン「オギノ」が手掛けるデリカテッセン。フランスの伝統的な味わいに荻野シェフ流のアレンジを加え、無添加で仕上げるパテやテリーヌは常時約7種。
茨城県は日本一の和栗の産地で、さらに鶏卵の生産量も日本一と知ってただろうか? そんな素材の魅力を最大限に引き出して、最高金賞に輝いているのが「和栗ぷりん」。
昭和初期からの看板メニュー「カリーライス」。その秘伝のカレー粉にスパイスなどを合わせて焼き上げた生地に挟むのはチーズクリーム。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt