×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、神奈川・横浜中華街の中華料理店『菜香新館』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

ふたつの秀逸な焼売は本場の点心師のなせる技

ひとつ、またひとつと老舗が消えゆく中華街で、連日多くのお客で賑わう老舗があるのはうれしいこと。

初代の店から数えて70年以上の歴史を持つここは、平日昼間でも並んで待つほどの人気店だ。80年代には飲茶を日本に紹介し、香港の点心師が作る本場の点心が有名となった。

店が大きくなっても初代の志を受け継ぎ、手抜きのない手作りの味を守り続けている。焼売を含む点心は、30年に渡って勤める陳さんを筆頭に10人のお抱え点心師が腕を振るう。

焼売は2種類。貝柱を加えた豚肉焼売は皮が薄く、肉の旨みはしっかり感じさせるがすっきりと端正な味わいだ。

干し貝柱入り国産豚の手包みしゅうまい(2個)420円、しいたけしゅうまい(2個)620円

『菜香新館』(奥)干し貝柱入り国産豚の手包みしゅうまい(2個)420円(手前)しいたけしゅうまい(2個)620円 焼売のあんは塊の豚肉を包丁で叩いてミンチにするから肉の味が濃い。乾物のどんこを使ったしいたけ焼売はしいたけに染みたエキスが口の中に広がる

個人的には、このバランスこそ焼売に求めたいもの。肉厚のどんこをキャップのようにかぶせた変わり種は、上品なダシを効かせたあんがかかっていてこれまた旨い。他にも腸粉や鶏のもみじの蒸篭蒸しなど、香港好きが手を叩いて喜ぶメニューも多彩で、変わらず愛され続ける老舗の魅力をしみじみ感じられるのだ。

『菜香新館』

[住所]神奈川県横浜市中区山下町192
[電話]045-664-3155(代表)
[営業時間]11時半~15時半(15時LO)、17時~21時半(20時半LO)、土・日・祝11時~21時半(20時半LO)
[休日]火
[交通]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩3分

撮影/貝塚隆、取材/岡本ジュン

※2022年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。4月15日発売の5月号では、銀座の奥にあり、銀…