MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
老舗洋食店のとろける極上食感の『タマゴサンド』|レストラン香味屋(洋食/入谷)

老舗洋食店のとろける極上食感の『タマゴサンド』|レストラン香味屋(洋食/入谷)

入谷で大正14年創業の老舗洋食店「レストラン香味屋」の『タマゴサンド』は、強火と遠火を駆使した火加減の妙技が冴えるスクランブルエッグが身上。見事なのはスクランブルエッグの量と、専門店に発注する1.1cmの薄切りパンとの計算し尽されたバランスだ。

レストラン香味屋(最寄駅:入谷駅)

口に入れた瞬間、スクランブルエッグとパンが渾然一体となり、溶けてなくなる。食べ始めると手が止まらない、魅惑の逸品だ。

タマゴサンド
1150円

パンと相性がいい固さに仕上げられたスクランブルエッグ。5cm四方のサイズで食べやすいのも特長

カツサンド
1750円

豚ヒレのカツを使用。熱で蒸らされたキャベツの歯ごたえがちょうどいい

レストラン香味屋

[住所]東京都台東区根岸3-18-18 [TEL]03-3873-2116 [営業時間]11時半~22時(20時半LO) ※ランチタイム有  [休日]水(祝日の場合は翌日、木曜) [席]テーブル88席 全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅三ノ輪口(4番)から徒歩3分

電話番号 03-3873-2116
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt