MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
立吉(餃子/渋谷)|渋谷駅近で楽しむ、ワイン×餃子のハーモニー

立吉(餃子/渋谷)|渋谷駅近で楽しむ、ワイン×餃子のハーモニー

名物はこだわりの豚肉を使用した餃子だ。モチモチとした皮で、かぶりつけば、たっぷりの肉汁があふれ出してくる。豊富に揃えているワインとの相性も抜群だ。ワインに合わせた洋風なつまみも充実。平日でも早い時間から満席となる人気店だ。立吉 渋谷本店 渋谷駅 ※ランチタイム有

立吉 渋谷本店(最寄駅:渋谷駅)

立吉餃子3個
380円

焼き、揚げ、水餃子から好きな調理法で楽しめる。豚肉のコクがたっぷりだ

3種盛り
750円

ワインにピッタリ。ロースハム、パテドカンパーニュ、羊のレバーペーストの3種。ワインはグラス480円〜

立吉 渋谷本店

東京都渋谷区渋谷3-18-8 ☎03-3486-1269 [営]11時半〜15時(土曜をのぞく)、17時〜翌1時(24時半LO) [休]不定休

電話番号 03-3486-1269
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。
店内には使用する野菜から豚肉まで本日の原材料産地が。極力地元や東北の食材を使った、手作り感ある餃子メニューが数々。
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt