MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
らぁ麺 やまぐち|生醤油がフレッシュに香る3種の銘柄鶏で炊いた贅沢スープ(ラーメン/早稲田)

らぁ麺 やまぐち|生醤油がフレッシュに香る3種の銘柄鶏で炊いた贅沢スープ(ラーメン/早稲田)

清流若どり、比内地鶏、吉備黄金鶏の旨みが詰まった鶏100%のスープで楽しむ贅沢な一杯。らぁ麺 やまぐち[交]西早稲田駅2番出口から徒歩6分、高田馬場駅より徒歩11分、早稲田駅(2番出口)より徒歩10分 ※ランチタイム有

らぁ麺 やまぐち(最寄駅:西早稲田駅)

タレに使用する生揚げ醤油と再仕込み醤油は、店舗で独自に火入れしているので鮮烈な醤油の風味が生きている。比内地鶏と吉備黄金鶏でとった濃厚な鶏油が、ふくよかな味わいの鶏スープに力強いコクをプラスしている。

鶏そば
780円

らぁ麺 やまぐち

[住所]東京都新宿区西早稲田2-11-13 [TEL]03-3204-5120 [営業時間]11時半~15時LO、17時半~21時LO、土・日・祝11時半~21時LO [休日]月(祝の場合は翌火) [席]カウンター13席 [交通アクセス]東京メトロ副都心線西早稲田駅2番出口から徒歩6分、JR山手線 高田馬場駅より徒歩11分、東京メトロ東西線 早稲田駅(2番出口)より徒歩10分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3204-5120
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
純宍道湖産のシジミで作る旨みあふれる中華そばは、“塩”と“醤油” の二本立て。“塩”は、動物系のダシが下支えをするシジミスープに、シジミのダシを利かせた塩ダレ、風味たっぷりのシジミ油を合わせた一杯で、ひと口目からガツンと“シジミ”を感じることができる。
透き通った醤油スープに浮かぶまっすぐな麺の美しさに、誰もが目を奪われる。使われているのは、秋田県湯沢市の「佐藤養悦本舗」の干し中華麺。
店主の木村氏は、ジロリアンに絶大な人気を誇る『富士丸』で腕を磨いた人物。オープン初日には、名立たるラーメン店主から開店祝いの花が届けられたが、「ほとんどが富士丸時代の常連さんですね」というから聞いて驚く。
シンプルな味の追求はその力量が問われる。「いかに鴨本来の旨みとコクを出せるか」。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。
美味しいお肉が食べたいなら、外食ではなく、お取り寄せをして自宅で味わってみませんか?人気のステーキ、クセのない旨すぎるラム肉、ワインやお酒に合うシャルキュトリーなど、今おすすめしたいごちそう肉の通販情報をまとめました!
14views お取り寄せ
純宍道湖産のシジミで作る旨みあふれる中華そばは、“塩”と“醤油” の二本立て。“塩”は、動物系のダシが下支えをするシジミスープに、シジミのダシを利かせた塩ダレ、風味たっぷりのシジミ油を合わせた一杯で、ひと口目からガツンと“シジミ”を感じることができる。
にぎやかな酒場エリアからほんの少し離れた住宅街に佇むお店。靴を脱いで小上がりにあがるスタイルはまさに「お寿司屋さんの家」に遊びに来たかのよう。
2018年8月オープン。かき氷やくずきりなどもあるが、こちらを訪れる多くの人が頼むのが「みつ白玉」。
看板はない。雑居ビルのフロア案内板に、マジックで書かれた“SOBER”の文字が目印。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt