MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
赤坂バル横丁でひときわ盛り上がる!GYOZA! 365の「餃子」を紹介(餃子/赤坂見附)

赤坂バル横丁でひときわ盛り上がる!GYOZA! 365の「餃子」を紹介(餃子/赤坂見附)

 2017年6月のオープンから連夜賑わう横丁『赤坂バル』の中で、ひときわ盛り上がっているのがこちら。人気の理由は、捻りの利いたオリジナルの餃子5種。

perm_media 《画像ギャラリー》赤坂バル横丁でひときわ盛り上がる!GYOZA! 365の「餃子」を紹介(餃子/赤坂見附)の画像をチェック! navigate_next

GYOZA! 365(最寄駅:赤坂見附駅)

餃子の可能性を感じさせる手の込んだひと皿
自然派ワインも揃い、サイドメニューも充実しているとあって、「流行りの餃子バルだろう」と侮りがちだが、食べてみるとひと味もふた味も違う。食材はすべて無添加・無化調。餡はそれぞれ異なり、各餃子に合わせるタレも手作りしているのだ。「麻辣タンタンGYOZA!」は四川風の肉味噌、「クラシックGYOZA!」は豚のバラとモモを、そして「肉ペッパーGYOZA!」は牛と豚の合挽きを餡に使用。当然、味付けもすべて異なる。とにかく一皿ひと皿手が込んでおり、テーブルに運ばれてくるごとに拍手喝采となること請け合いだ。

麻辣タンタンGYOZA!
680円

コクのある辛さの肉味噌餡に、ゴマソースで香ばしさを、オレンジの香りのオイルとパクチーで爽やかさをプラス

クラシックGYOZA!
480円

定番餃子は、ほのかに苦いニラオイルと、山菜ビネガーで

肉ペッパーGYOZA!
580円(+ゴルゴンゾーラのエアロ200円)

ニンニクと黒胡椒が利いた、肉が主役のガッツリ系。泡状にして凍らせたゴルゴンゾーラをかけると、より濃厚な味わいに

鮮魚のカルパッチョ
580円~

泡状にしたすりおろしショウガや梅干しパウダーなどで複雑味を上乗せ

GYOZA! 365

[住所]東京都港区赤坂3-17-1 赤坂バル横丁内 [TEL]03-6459-1136 [営業時間]月~木:11時30分~14時、17時~23時半(23時LO)※金は17時~26時(25時半LO)、土:11時半~23時半(23時LO)、日・祝:11時半~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [座席]カウンター13席、テーブル4席、19席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線・丸の内線赤坂見附駅10番出口から徒歩2分

電話番号 03-6459-1136
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「餃子でお祭りのように騒ごう」がコンセプト。個性豊か、多彩な餃子メニューとともにお祭りがモチーフの店内は陽気に呑める。
2017年から3年連続で「ミシュランガイド」のビブグルマンに選出された祇園の餃子専門店『ぎょうざ歩兵』。最大で4時間待ち、多いときには1日2500~3000個販売するなど、数々の金字塔を打ち立てた同店の姉妹店が銀座にオープンした。
看板商品はひと口餃子の「ちびすけ」(8個550円)。焼きまたは揚げを選べるほか、紫蘇やエビも。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル