MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

中野エリアのカレー屋「カフェハイチ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。南の海を思わせる青い皿の上に、こげ茶色のドライカレーがのった丸いライスが無人島のようにぽかりと佇んでいる。このフォトジェニックな光景が「懐かしい」となる人はきっと多い。|café HAITI(カフェ・ハイチ)/カレー/中野

café HAITI(最寄駅:中野駅)

青春の味を思い出す帰ってきたカフェハイチ

新宿にあった『カフェハイチ』は1974年創業。名物はハイチ人に教わった家庭料理を元にしたというドライカレー。長く人気を博したが2016年に惜しまれつつも閉店。中野店は同店で長年カレーを作ってきたスタッフが開いた。だからレシピも味もそのまんま。昭和を代表する名作カレーは、今後も安泰だ。

ドライカレー
700円

辛さ、野菜の甘み、スパイスの香り。この3つが魔法のように溶け合った独特の味わい

カリビアンソース
700円

トマトベースで酸味のあるシチューのようだが、辛さは鮮烈。ご飯にもよく合う

お店からの一言

日高陽子さん

「日替わりでワンコインもありますよ」

café HAITI(カフェ・ハイチ)

写真:café HAITI(カフェ・ハイチ)の外観

■『カフェハイチ』
[住所]東京都中野区中野3-15-8 マンション増田103 
[TEL]03-6454-1512 
[営業時間]10時~19時、木曜日~日曜日:10時~21時  ※ランチタイム有 
[休日]無休 
[座席]テーブル10席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし 
[アクセス]JRほか中野駅南口から徒歩10分

電話番号 03-6454-1512
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
隠れ家的なスパイスカレー店が多いなか、駅近・アメ村すぐの行きやすさが魅力のこちら。とはいえ主役のカレーは超本格派だ。
間借りカレーで一躍ブレイクを果たしたこの店が、目立たないビルの2階に店舗を構えて約2年。ランチのみでスタンディングオンリーだが、ひっきりなしに訪れる客に人気の度合いがうかがえる。
オープンした年に、「神田カレーグランプリ2018」で優勝。口に入れると甘みを感じるが、徐々にヒリッとくる辛さと深い旨みが広がる。
古書店「FOLK old book store」で平日昼間だけ営業。間借り歴9年以上、「間借りカレー」の先駆けとして巷では有名な存在だ。
スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
予約必須の食パンが有名な超超人気店。けれど魅力はそれだけではない! 
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt