MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京駅で肉専用の鉄板で焼くグリル&BBQと高品質のドラフトビール

東京駅で肉専用の鉄板で焼くグリル&BBQと高品質のドラフトビール

THE OLD STATION(オールドステーション)/ステーキ/東京駅|徹底管理のドラフトビールを提供するビアホール。華やかな香りと甘み、最後のコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、6種類のビールが揃う。

perm_media 《画像ギャラリー》東京駅で肉専用の鉄板で焼くグリル&BBQと高品質のドラフトビールの画像をチェック! navigate_next

THE OLD STATION(最寄駅:東京駅)

肉専用の鉄板で焼くグリル&BBQと高品質のドラフトビールに喉が鳴る

「バベットステーキ」は焼き時間と同じだけ寝かせ、旨みを凝縮。醤油ベースのオニオンソースをかけながら、付け合わせの玉ネギも一緒に食べるのがオススメ。「自家製ソーセージ」のゴツゴツとした食感とジューシーさにまたビールが進むこと間違いなし。肉とビールのループにハマりたい時にぜひ。

牛ハラミのグリル“バベットステーキ”オニオンソースレギュラーサイズ
1382円

絶妙な火の入れ方で柔かなハラミは、赤身肉の旨みがあふれ出す

武蔵野ミニブルワリー特別限定醸造~アルト~ グラス
626円

ビアチップス
540円

大半の客が頼むポテトフライ。サクサクした食感とコクのある味わいにビールが止まらない

極太! 自家製ソーセージのグリル
907円

手作りのソーセージは長さ20cmを超える東京駅限定の看板メニュー

お店からの一言

店長 佐藤由帆さん

「顔より大きな「ギガハイボール」も人気です」

THE OLD STATION

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 グラングルメ2階(北町ダイニング2F) [TEL]03-6256-0578 [営業時間]11時~23時(ランチ15時LO、ディナー22時LO)、土・日・祝11時~22時(ランチ15時LO、ディナー21時LO)※12月31日~1月3日11時~19時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計152席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し378円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口改札から徒歩3分

電話番号 03-6256-0578
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
嗚呼、ステーキが食べたい。突然舞い降りた欲望に、食いしん坊は居ても立ってもいられない。
噛み締めた瞬間、こんがり焼かれた香ばしさと、濃厚な肉汁の旨みが口中に広がる。使用するのは黒毛の山形牛で、脂の少ない等級のランプ肉を約400g。油を塊肉の表面にまわしかけて焼き、一度休ませ、今度はオーブンで温めて提供。
グローブ状にカットした豚肉とがっつりニンニク。甘辛ソース味で、付け合わせはキャベツの千切り。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。
ロゼ色に輝く断面、そしてステーキのごとく分厚いカットに俄然食欲がわく。ゴチソウ感のあるローストビーフを定食屋さながらの普段着で味わうのがこちらのスタイルだ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル