MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ラ・ミニョネット(フレンチ/八重洲)ー「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店

ラ・ミニョネット(フレンチ/八重洲)ー「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店

八重洲エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店。「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。

perm_media 《画像ギャラリー》ラ・ミニョネット(フレンチ/八重洲)ー「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店の画像をチェック! navigate_next

ラ・ミニョネット(最寄駅:東京駅)

華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する

「この店に来たらこれが食べたい、を根付かせたいんです」と店主。そのひとつがオニオングラタンスープだろう。玉ネギを5~6時間かけて炒め、鶏のガラやモミジを使ったブイヨンで作るそれは、信じられないほど甘みとコクが奥深く、熱々をハフハフしながら食べる手が止まらない。牛ほほ肉の煮込みも必食の逸品。付け合わせにオムライスが付く遊び心がうれしく、頬張れば旨さに仰天。そして「また訪れたい」と、心から思ってしまうのだ。

和牛ホホ肉の赤ワイン煮込みオムライス添え
2600円

赤ワインとフォンドボーで5時間ほど煮込んだ牛ほほ肉はホロッと崩れるほど柔らかい。付け合わせはオムライス。ソースを米に絡めて皿を舐めるように完食する人も多い

オニオングラタンスープ
800円

水分を飛ばし飴色になるまで炒めた玉ネギとバゲットが入る。チーズとバターの風味も加わって、絶品のひと言

海老と野菜のマリネ、人参ムースとコンソメジュレ
980円

ニンジンのムースの上に生のエビと野菜のマリネ、コンソメジュレがたっぷり

お店からの一言

店主 渡部修大さん(右)、スタッフ 小平望さん

「長く愛される飽きの来ない料理を目指してます」

ラ・ミニョネット

[住所]東京都中央区日本橋3-1-15 2階[TEL]03-5542-1601 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、18時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日(日が祝の場合は営で月休) 席26席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、席料500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

電話番号 03-5542-1601
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル