SNSで最新情報をチェック

八重洲エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店。「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。

画像ギャラリー

ラ・ミニョネット(最寄駅:東京駅)

華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する
「この店に来たらこれが食べたい、を根付かせたいんです」と店主。そのひとつがオニオングラタンスープだろう。玉ネギを5~6時間かけて炒め、鶏のガラやモミジを使ったブイヨンで作るそれは、信じられないほど甘みとコクが奥深く、熱々をハフハフしながら食べる手が止まらない。牛ほほ肉の煮込みも必食の逸品。付け合わせにオムライスが付く遊び心がうれしく、頬張れば旨さに仰天。そして「また訪れたい」と、心から思ってしまうのだ。

和牛ホホ肉の赤ワイン煮込みオムライス添え

2600円

オニオングラタンスープ

800円

海老と野菜のマリネ、人参ムースとコンソメジュレ

980円

お店からの一言

「長く愛される飽きの来ない料理を目指してます」

ラ・ミニョネット

[住所]東京都中央区日本橋3-1-15 2階[TEL]03-5542-1601 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、18時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日(日が祝の場合は営で月休) 席26席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、席料500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

電話番号 03-5542-1601

2018年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...