MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
焼きはまぐりSTAND(八重洲)ー八重洲のハマグリ専門店

焼きはまぐりSTAND(八重洲)ー八重洲のハマグリ専門店

東京駅周辺エリア八重洲のハマグリ専門店「焼きはまぐりSTAND」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。[住所]東京都中央区八重洲1-7-7

焼きはまぐりSTAND(最寄駅:東京駅)

食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!

陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。実はここ、ハマグリの名産地である三重県公認の県応援店舗で、桑名直送の極上品が揃っている。例えば大ぶりの10年物。シンプルに網焼きにした味は、ぷっくりと太った身から旨みのエキスが炸裂ッ! ほかにもタイ風やイタリアン風など味付けに趣向を凝らし、ハマグリの新しい食べ方に目からウロコが落ちまくる。加えて栄養も満点。ひとりで140個食べたツワモノもいると言うんだから、この店の魅力、分かるでしょう?

10年物大はまぐり(100g)の磯辺焼き、ガーリックバター
400円、400円

100gサイズは1日10個限定。貝の塩気だけで味わうのもいいが、醤油味の磯辺焼きや自家製ガーリックバター味もおすすめ

デポ蒸し(はまぐり4個・白ワイン蒸し)
580円

通常は親子丼用に使う鍋「デポ」を使う蒸し焼き。旨みが凝縮されたスープも旨い

鉄板自家製パクチー餃子トムヤムクン味
580円

自家製餡の餃子はパクチーの風味がクセになる。

バゲットピザ(ゴルゴンゾーラとソーセージと蜂蜜)
580円

チーズたっぷりのピザもつまみで人気

お店からの一言

店長 馬場恭兵さん

「桑名直送の上質なハマグリをいっぱい食べてね!」

焼きはまぐりSTANDの店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲1-7-7 第二山本ビル 1階 [TEL]03-6262-5810 [営業時間]16時~翌1時(24時半LO)、金は~翌2時(1時半LO)、土・祝15時~24時(23時半LO) [休日]日(月が祝の場合は日営で月休 [席]スタンディング30名/全席喫煙可/予約応相談/カード不可/サなし、お通し450円~(はまぐりの個数で変わる)別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩3分

電話番号 03-6262-5810
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
152views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt