MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼きはまぐりSTAND(八重洲)ー八重洲のハマグリ専門店

焼きはまぐりSTAND(八重洲)ー八重洲のハマグリ専門店

東京駅周辺エリア八重洲のハマグリ専門店「焼きはまぐりSTAND」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。[住所]東京都中央区八重洲1-7-7

perm_media 《画像ギャラリー》焼きはまぐりSTAND(八重洲)ー八重洲のハマグリ専門店の画像をチェック! navigate_next

焼きはまぐりSTAND(最寄駅:東京駅)

食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!

陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。実はここ、ハマグリの名産地である三重県公認の県応援店舗で、桑名直送の極上品が揃っている。例えば大ぶりの10年物。シンプルに網焼きにした味は、ぷっくりと太った身から旨みのエキスが炸裂ッ! ほかにもタイ風やイタリアン風など味付けに趣向を凝らし、ハマグリの新しい食べ方に目からウロコが落ちまくる。加えて栄養も満点。ひとりで140個食べたツワモノもいると言うんだから、この店の魅力、分かるでしょう?

10年物大はまぐり(100g)の磯辺焼き、ガーリックバター
400円、400円

100gサイズは1日10個限定。貝の塩気だけで味わうのもいいが、醤油味の磯辺焼きや自家製ガーリックバター味もおすすめ

デポ蒸し(はまぐり4個・白ワイン蒸し)
580円

通常は親子丼用に使う鍋「デポ」を使う蒸し焼き。旨みが凝縮されたスープも旨い

鉄板自家製パクチー餃子トムヤムクン味
580円

自家製餡の餃子はパクチーの風味がクセになる。

バゲットピザ(ゴルゴンゾーラとソーセージと蜂蜜)
580円

チーズたっぷりのピザもつまみで人気

お店からの一言

店長 馬場恭兵さん

「桑名直送の上質なハマグリをいっぱい食べてね!」

焼きはまぐりSTANDの店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲1-7-7 第二山本ビル 1階 [TEL]03-6262-5810 [営業時間]16時~翌1時(24時半LO)、金は~翌2時(1時半LO)、土・祝15時~24時(23時半LO) [休日]日(月が祝の場合は日営で月休 [席]スタンディング30名/全席喫煙可/予約応相談/カード不可/サなし、お通し450円~(はまぐりの個数で変わる)別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩3分

電話番号 03-6262-5810
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル