MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

T.dining(ティーダイニング)|店主中井恵子さんの実家は、三重県亀山の鈴鹿山麓で豚を育てる小林ファーム。そこから直送される豚肉を使ったレストランを営む。[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7

perm_media 《画像ギャラリー》「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』の画像をチェック! navigate_next

T.dining|ティーダイニング(最寄駅:小川町駅)

実家の農場で手塩にかけて育てた味わい深い豚肉

きれいな空気の中でストレスを与えずスクスク育った豚肉は、脂に甘みがあって肉質は柔らかと評判。とんかつやステーキも人気だが、冬に食べたいのは一人前から注文できる豚しゃぶ。美しいピンクの豚肉とたっぷりの野菜を和風ダシでサッと湯がいてポン酢で食べれば、さっぱりして幾らでも入りそうだ。自家製のレバースモークやミルフィーユかつなど、心ゆくまで豚肉三昧できる。

しゃぶしゃぶ
1人前1680円

肉のきめが細かい豚肉はしゃぶしゃぶに最適。野菜は明治大学の農園で育てた有機野菜が登場することも

自家製ハムとレバーの2種盛り合わせ
680円

しっとりした自家製のハムとレバーの燻製はワインと共に

ミルしそチーズ
1130円

薄切りの豚肉を重ねたミルフィーユかつも名物。シソとチーズ入りはおつまみにも◎

お店からの一言

店主 中井恵子さん

「自慢の豚肉をたっぷりと味わってください」

T.dining

■『T.dining』
[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7 竹田ビル1階
[TEL]03-5577-5529
[営業時間]11時半~14時半、18時~21時半(21時LO)、月・水11時半~14時半 ※ランチタイム有
[休日]土曜日・日曜日・祝日・水曜日の夜
[座席]カウンター4席、テーブル18席、計22席/全席喫煙可/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄都営新宿線小川町駅A7出口から徒歩1分

電話番号 03-5577-5529
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「ももんじ」とは、「百獣(ももんじゅう)」のこと。享保3年(1718)から続く看板メニューが写真の「猪鍋」だ。
ラムへの愛に満ちている、代表の越坂部さん。「日本各地や世界中でラム料理を食べまくった」と言う彼がいちばん美味しいと思う食べ方を追求した結果が「焼き」と「しゃぶしゃぶ」。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
 豊かな海の幸に恵まれる富山湾。現地からほぼ毎日、新鮮な食材が届けられるこの店は新橋にある小さな富山と言っていいだろう。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル