MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

「豚しゃぶ」ならここで決まり!小川町の豚肉料理専門店『T.dining』

T.dining(ティーダイニング)|店主中井恵子さんの実家は、三重県亀山の鈴鹿山麓で豚を育てる小林ファーム。そこから直送される豚肉を使ったレストランを営む。[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7

T.dining|ティーダイニング(最寄駅:小川町駅)

実家の農場で手塩にかけて育てた味わい深い豚肉

きれいな空気の中でストレスを与えずスクスク育った豚肉は、脂に甘みがあって肉質は柔らかと評判。とんかつやステーキも人気だが、冬に食べたいのは一人前から注文できる豚しゃぶ。美しいピンクの豚肉とたっぷりの野菜を和風ダシでサッと湯がいてポン酢で食べれば、さっぱりして幾らでも入りそうだ。自家製のレバースモークやミルフィーユかつなど、心ゆくまで豚肉三昧できる。

しゃぶしゃぶ
1人前1680円

肉のきめが細かい豚肉はしゃぶしゃぶに最適。野菜は明治大学の農園で育てた有機野菜が登場することも

自家製ハムとレバーの2種盛り合わせ
680円

しっとりした自家製のハムとレバーの燻製はワインと共に

ミルしそチーズ
1130円

薄切りの豚肉を重ねたミルフィーユかつも名物。シソとチーズ入りはおつまみにも◎

お店からの一言

店主 中井恵子さん

「自慢の豚肉をたっぷりと味わってください」

T.dining

■『T.dining』
[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7 竹田ビル1階
[TEL]03-5577-5529
[営業時間]11時半~14時半、18時~21時半(21時LO)、月・水11時半~14時半 ※ランチタイム有
[休日]土曜日・日曜日・祝日・水曜日の夜
[座席]カウンター4席、テーブル18席、計22席/全席喫煙可/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄都営新宿線小川町駅A7出口から徒歩1分

電話番号 03-5577-5529
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
牛タンの花に心も浮き立つ。均一の見事な薄さに手切りした"花びら"は1頭からわずかしか取れないタン元を使う贅沢なひと皿だ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3177views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt