MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
白梅(新橋/海鮮)-新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」寒さも吹き飛ぶご馳走!

白梅(新橋/海鮮)-新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」寒さも吹き飛ぶご馳走!

グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839

perm_media 《画像ギャラリー》白梅(新橋/海鮮)-新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」寒さも吹き飛ぶご馳走!の画像をチェック! navigate_next

白梅(最寄駅:新橋駅)

ぷっくり太った牡蠣のエキスがとろける味噌鍋

土手鍋は味噌を土手にして焼くスタイルが多いが、こちらは鍋の下に味噌しのばせる。こうするとより美味しいが、牡蠣に火が入りにくくなる。そこで熟練の技を持つ女将の出番だ。最初はじわじわと、やがて一気に強火で仕上げるまで女将が丁寧に鍋を育て上げるから、牡蠣はぷっくり、そしてエキスを吸った野菜はいい味に。グツグツいう味噌鍋をつつきながらの日本酒は、冬の寒さも吹き飛ぶご馳走だ。

かき土手鍋(かきコース)
6500円

鍋にほどよいサイズの牡蠣が1人前7~8個も入る。きのこや白菜などの野菜から出る水分で火を入れるのがポイント

かき塩焼き
1320円

かなり大ぶりの牡蠣を串に刺して炭火で焼くので、香ばしい。味付けはサッとふった薄味の塩のみだが、牡蠣の瑞々しい味わいがはじける

蛸めし
1680円(2人前)

牡蠣と並んでもうひとつの名物がこれ。これでもかとたっぷり入った蛸の濃厚な旨みが、米に染みている

お店からの一言

店主 石井秀浩さん

「これからが旨い牡蠣鍋は4月頃まであります」

白梅の店舗情報

■『白梅』
[住所]東京都港区新橋3-9-7
[TEL]03-3459-8839
[営業時間]17時~22時半(22時LO)
[休日]土曜日・日曜日・祝日
[座席]カウンター3席、テーブル8席、座敷20席、計31席/全席喫煙可/予約可/カード可(VISAのみ)/サなし、お通し代600円別
[アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-3459-8839
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル