MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鳥芳|貝や魚の海鮮串も揃う老舗(居酒屋/野毛)

鳥芳|貝や魚の海鮮串も揃う老舗(居酒屋/野毛)

昭和34年に創業。古い店が立ち並ぶこの界隈でも指折りの老舗だ。看板を張るのは炭火で焼き上げる串焼きで、肉類のみならず、アサリや牡蠣などの貝類、はたまたマグロや銀ダラなど、新鮮な魚介を使った串も豊富に揃えている。[交]JR桜木町駅より徒歩5分、京急日ノ出町駅より徒歩5分

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

鳥芳(最寄駅:桜木町駅)

人気は「牛なんばん焼」。黒毛和牛のバラ肉を醤油ベースの自家製ダレに漬け込み旨みを凝縮。炙れば香ばしさがあふれ出してくる。L字型のカウンターのみの5坪に満たない店内は、口開けから賑わっている。

牛なんばん焼
1本200円

牛なんばん焼はピリ辛で酒が進む。トマトに豚バラ肉を巻いたトマト巻。自家製のつくねは玉ねぎの優しい甘さが際立つ

トマト巻
1本200円

つくね
1本150円

貝串焼(牡蠣、アオヤギ、アサリ)
1本200円

牡蠣は磯の風味がたまらない。新鮮なアオヤギは身がプリップリ。アサリは焼く前に醤油にくぐらせ香ばしさも満点だ

牛カツ
800円

黒毛和牛サーロインを使用する贅沢な一品だ。柔らかな肉にかぶりつけば、上品な脂の甘みが口いっぱいに広がる

鳥芳

■『鳥芳』
[住所]神奈川県横浜市中区野毛町1-24 
[TEL]045-231-5642 
[営業時間]17時〜23時半頃、土曜は16時〜23時半頃 
[休日]月曜日・木曜日・日曜日・祝日(年末:12/27〜1/4) 
[座席]カウンター11席/禁煙席なし/カード不可/予約不可/サなし、お通し代200円 
[アクセス]JR桜木町駅より徒歩5分、京急日ノ出町駅より徒歩5分

電話番号 045-231-5642
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昭和28年からという年季の入った建物。その前は深川の酒屋で角打ちというところから数えて現在は4代目。
同じ学芸大学で人気店『ワイン食堂レインカラー』を手掛ける店主の手島さんは、「近所の友人たちに毎日でも通ってもらえるような店を作りたかった」と話す。そこで考えたのが、気軽な価格で立ち飲みもできる大衆酒場だったという。
オシャレな街・中目黒で見つけたちょっとクールな焼きとん屋……なのだけど、出てきた逸品は昭和の王道をいく煮込み。素朴な面持ちのジャガイモがごろりと入り、モツはむっちりふわふわ、やわらかくとろけていく。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。
渋谷を代表する大衆酒場『富士屋本店』。昨年、再開発のため45年の歴史に幕を下ろした。
最新記事
「7回多く噛んでください」というのは代表の清水さん。米にこだわった生地をよく味わって欲しいという。
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
北海道どさんこプラザのホームページで、「波飛沫(なみしぶき)塩ラーメン」がイチオシされていました。北海道・知床の人気店の味が家庭で作れて楽しめるらしいのです。「これは買わねば!」と早速行ってみましたが、早くも売り切れで……。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル