MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鳥芳|貝や魚の海鮮串も揃う老舗(居酒屋/野毛)

鳥芳|貝や魚の海鮮串も揃う老舗(居酒屋/野毛)

昭和34年に創業。古い店が立ち並ぶこの界隈でも指折りの老舗だ。看板を張るのは炭火で焼き上げる串焼きで、肉類のみならず、アサリや牡蠣などの貝類、はたまたマグロや銀ダラなど、新鮮な魚介を使った串も豊富に揃えている。[交]JR桜木町駅より徒歩5分、京急日ノ出町駅より徒歩5分

鳥芳(最寄駅:桜木町駅)

人気は「牛なんばん焼」。黒毛和牛のバラ肉を醤油ベースの自家製ダレに漬け込み旨みを凝縮。炙れば香ばしさがあふれ出してくる。L字型のカウンターのみの5坪に満たない店内は、口開けから賑わっている。

牛なんばん焼
1本200円

牛なんばん焼はピリ辛で酒が進む。トマトに豚バラ肉を巻いたトマト巻。自家製のつくねは玉ねぎの優しい甘さが際立つ

トマト巻
1本200円

つくね
1本150円

貝串焼(牡蠣、アオヤギ、アサリ)
1本200円

牡蠣は磯の風味がたまらない。新鮮なアオヤギは身がプリップリ。アサリは焼く前に醤油にくぐらせ香ばしさも満点だ

牛カツ
800円

黒毛和牛サーロインを使用する贅沢な一品だ。柔らかな肉にかぶりつけば、上品な脂の甘みが口いっぱいに広がる

鳥芳

■『鳥芳』
[住所]神奈川県横浜市中区野毛町1-24 
[TEL]045-231-5642 
[営業時間]17時〜23時半頃、土曜は16時〜23時半頃 
[休日]月曜日・木曜日・日曜日・祝日(年末:12/27〜1/4) 
[座席]カウンター11席/禁煙席なし/カード不可/予約不可/サなし、お通し代200円 
[アクセス]JR桜木町駅より徒歩5分、京急日ノ出町駅より徒歩5分

電話番号 045-231-5642
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt