MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

夏といえば、アジアンテイストのごはんが食べたいよね、という季節でもあります。しかしおっさん女子的には吉祥寺のエスニック料理店がちょっと……。 ちなみに理由はシンプルです。おいしい店は混んでいる……。なぜ地元で予約までして、ごはんを食べなくてはいけないのか? と萎えるのは、私だけでしょうか?

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件


夏といえば、アジアンテイストのごはんが食べたいよね、という季節でもあります。

しかしおっさん女子的には吉祥寺のエスニック料理店がちょっと……。

ちなみに理由はシンプルです。

おいしい店は混んでいる……。

友人知人が吉祥寺でエスニックを所望したときは、予約を入れます。

それは地元民の責務……。

しかし、なぜ地元で予約までして、ごはんを食べなくてはいけないのか? と萎えるのは、私だけでしょうか? 

もっとライトでいいような……。

もっとアバウトでいいような……。

夏なんだし……。

暑いし……。

予約めんどくさい……。

しかし、吉祥寺は予約上等!の街……。


そこで私の裏技を紹介しましょう。

吉祥寺のアジア系ごはんは、バーのランチで食べるのがおすすめです。

空いているし、気軽なごはんという感じで、夏の気分にぴったり。

もちろん予約なんかいらないし、最高だ!


イラスト/スタジヲワンツー


おっさん女子のイチオシは、末広通りの雑居ビル2Fにある『F』です。

ここは、2017年に吉祥寺東急デパート周辺エリアから移転してきました。

お店の名前も、移転に伴ってちょっとだけ変わっています。

基本的にバーですけど、12時~16時までランチをやっていて、だいたい3種類くらいのアジア系ごはんがラインナップ。

日によって多少変わるとは思いますが、カレーとアジア麺のラインナップ。

私はここのカレーがお気に入りなのですが、ある日のカレーは『チキンとナスのカレー』でした。

ココナッツ風味で、ナス&タケノコ&トマトが入っており、ナスをニンニクで炒めているので、ほんのりニンニク風味もあります。

本格的なエスニックではなくて、エスニックが苦手な人にもOKっていう感じの「エスニック風」です。

そのユルさもけっこう好きな理由のひとつ。

中辛、大辛に変更&ニンニクのトッピングは無料だよ。

サラダとドリンクがついて900円(税込)ですが、このサラダがなにげに味がしっかりしていて、美味しい。

コールスローサラダなんだけど、小鉢じゃなくて、山盛り食べたい。

もしくは、タッパーに入れて持ち帰りたい……。

そしてランチ担当の女性が、夏にぴったりのまったり&しっとり系の雰囲気をまとっており、勝手に好感を持っております。

お昼の時間帯を外すと、テーブル席に座れるし、すごく静か&のんびりしていて、夏にぴったりなんだよね。

でも、店の作りはバーですけど……。

っていうか、そもそもバーなんだよ、ここは(苦笑)。


老舗ジャズバー『S』の超エスニックなランチも見逃すな!


そして2軒目は、プチロードにある老舗ジャズバーの『S』。

こちらも雑居ビルの2F。

この店は、昼時は混んでいます。

しかし、11時30分~17時までランチをやっているので、時間を外すと、まったりしていて最高です。

店内は暗いし、全体的に落ち着いたムード。

BGMは、もちろんジャズだ! 

だって、そもそもジャズバーなんだもん!

そして、なぜかランチメニューが超エスニックなラインナップなんですよ。

ガパオライス、マサマンカレー、グリーンカレー、デジプルコギご飯、ナシゴレン……などなど。

ちなみに、オムライスやハンバーグ、パスタなど普通の洋食メニューもあります。

ランチはドリンクがついてオール1080円(税込)。

ドリンクなしだと100円引き。

ちなみに私はガパオライス押しですが、たまにマサマンカレーやグリーンカレーを挟むというローテーションです。

こちらも本格派のエスニックではないく、さして辛くない。

ユルい、でもそのユルさが好きだ! 

夏はユルくていいんだ! 

暑いんだし!







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル