MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
至福の鯖百選[1] 長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」は「ナガサバ館」だった!?

至福の鯖百選[1] 長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」は「ナガサバ館」だった!?

サバをウリにするお店で、必ずや登場するのは「長崎のサバ」。サバ通を唸らせるサバを送り出す長崎県は、まさに「サバの聖地」。もはや「長鯖県」とよばせていただきたい「キング・オブ・サバ県」である。そんな長崎のサバグルメを東京で入手できるのが、長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》至福の鯖百選[1] 長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」は「ナガサバ館」だった!?の画像をチェック! navigate_next

長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」は「ナガサバ館」だった!?


サバをウリにするお店で、必ずや登場するのは「長崎のサバ」。

そして、名だたる鯖寿司で多く使われているのも「長崎のサバ」。

サバ通を唸らせるサバを送り出す長崎県は、まさに「サバの聖地」。

もはや「長鯖県」とよばせていただきたい「キング・オブ・サバ県」である。


その美味しさの秘密は地形にある。

五島海域から対馬海峡。大小多くの島々と、リアス式海岸からなる長崎。

岩瀬、浅瀬、砂地などの複雑な地形と、そこに流れ込む対馬海流によって良質のプランクトンが多く生息している「豊穣の海」で育ったサバは、とにかくバツグンの味わいだ。

[「日本橋 長崎館」では、しめさば、南蛮漬け、干物など、
 多彩な長崎のサバグルメに出会える!]



そんな長崎のサバグルメを東京で入手できるのが、長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」。

店内には絶品のサバ商品がそろい、サバファンにとっては「サパラダイス」! 

今回は、サバジェンヌが店内を回遊してチェックした、おすすめ商品を一挙ご紹介します!

ブランドサバを上品に仕上げた「旬(とき)さばのしめさば」

[日本遠洋旋網協同組合「旬(とき)さばのしめさば」(1296円)。
 ベビーリーフなどと組み合わせてサラダにして、しょうゆとオリーブオイル、
 マスタードを合わせたドレッシングで食べるのもジェンヌのお気に入り♪]


長崎のブランドサバといえば「旬(とき)さば」。

松浦市調川(つきのかわ)漁港に位置する松浦魚市場は、日本遠洋旋網協同組合の水揚げ基地。

その7割がサバ、アジという日本有数の「青光り市場」で、10月から翌2月に、水揚げされた400g以上のサバは、弾力のある歯ごたえ、そのあとにすっと押し寄せるしっとりした上質な脂が魅力。


日本遠洋旋網協同組合「旬さばのしめさば」は、工場でひとつひとつていねいな手作業で作られた逸品。

きめ細やかな脂のよさとコクのある旨みをいかすべく、ほどよく締めたしめさばは、品よくとろける味わいが堪能できる。

九州の甘口醤油で食べると旨さ倍増! 

1缶1000円のレアもの!「旬さばの缶詰」

[まつうら観光物産協会「旬さばの缶詰」(1080円)。
 水煮、味噌煮、醤油煮がある。三個セットも販売]



今、大人気のサバ缶。

長崎館で絶対見逃せないのが、1缶1000円のレアものサバ缶! 

まつうら観光物産協会「旬さばの缶詰」は、旬さばの数量が少ないために3年がかりで平成28年に完成。

「ふるさと納税」としてのみ使われていたが、2017年から一般販売! 

東京で入手できるのはおそらくここだけ!!
 

[いずれも味付けが絶妙。サバ缶ファンならぜひお試しを!]



1缶に1尾ずつ、ていねいに手詰めされたその味わいは、旬さばのよさがいきた味わい。

ひとくちひとくち、かじっていただきたい! 

確かなホクッという歯ごたえ、缶詰の中に入っているのに、リアルさばのような、ふっくらしっとりした身。

エレガントな味わいが楽しめる。

1000円の価値あり!

ふっくら、ジューシーな「さばの南蛮漬け」

[ナカタ「さばの南蛮漬け」(324円)。
 できたてのようなふっくら加減がたまらない。
 お弁当にもおすすめ!]



長崎といえば「南蛮漬け」発祥の地。

ナカタ「さばの南蛮漬け」は、解凍するだけで唐辛子がほんのり利いた甘酢が、しっかりしみこんだたふっくらした旨みいっぱいのサバが楽しめる。

たまねぎ、にんじんピーマンなどたっぷり野菜とジューシーなサバ♪ 

思わず一気食いしてしまう美味しさ(涙)。

応用範囲大! しっとりやわらか「さば生節」

[ミサキフーズ「さば生節 炙燻」(432円)。
 お茶漬けにしてもウマい]




ミサキフーズ「さば生節 炙燻」は、多彩な楽しみ方ができるサバグルメ。

サバを塩水に漬け込んでから蒸し上げ、くん液を噴霧して天日干しにして旨みを凝縮させてから、香ばしく炙ってあります。

しっとりやわらか、口のなかでホロリと崩れ、燻製風味もほどよくて、とんでもなく「やさしい」味わい! 

そのまま酒の肴として、また、サバサンドやサラダに使ってもとっても美味しい♪


長崎ならではのハイカラグルメ「ワイン仕込みさば」

[津田水産「ワイン仕込みさば」(702円)]



さすが長崎。ハイカラすぎるサバグルメを発見! 

津田水産「ワイン仕込みさば」は、ワインに漬け込んで仕上げた干物。

2017年度には200万枚を販売した、長崎で絶大な人気を誇る商品だ。

[ごはんはもちろん、ワインと楽しんでも最高!]


ひと口かじるとジューシーでさっぱり。

キレがよく、あとで旨みがガツッとくるのは、ワインマジックの成せる技!?

特製のタレで仕上げた「旬さばの漬け丼」

[「旬さばの漬け丼」(900円 小鉢、味噌汁付きの定食で提供)。
 日本橋のサラリーマンにも大人気]


日本橋 長崎館では、イートインコーナーでも絶品のブランドサバグルメが楽しめる。

「旬さばの漬け丼」は、旬さばを博多の郷土料理「ごまさば」に仕上げて丼にした、人気メニュー。

確かな歯ごたえ、脂のりバツグンとろりとした旬さばが、白ゴマ入りのコクのある特製のタレとベストマッチ! 

サバの「コリトロ」に感涙しながら、白めしが進むー!


[漬けにした旬さばは、旨みが凝縮したとろける味わい]


いやはや、店内はまさに、長崎のサバの「美味しいアミューズメントパーク」! 

サバファンなら、ぜひ魅惑の「ナガサバ館」へ!

[カステラやちゃんぽんなど、長崎の定番から、ここでしか手に入らない商品もそろう。
 波佐見焼も充実の品ぞろえ。]


★10月13日(土)イベント「鯖サミットIn長崎館」を開催。
10月27、28日に長崎県松浦市で開催される「鯖サミット2018in松浦」に出店する長崎のサバグルメの販売、スペシャルサバメニューの提供。
私、サバジェンヌ池田も登場する「長崎のサバトークショー」、全さば連「サバンド」によるサバソングの演奏も実施。

★日本橋 長崎館
[住所]東京都中央区日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル1階
[TEL]03-6262-5352
[営業時間]10:00~20:00
[定休日]無休
https://www.nagasakikan.jp/






池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)。
※10月13日(土)16時~、長崎のサバをとことん楽しめるイベント「鯖ナイトFeat長崎@東京」を開催。詳細はHPを。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
池田 陽子

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。 ■サバに関する情報をみんなでシェアする「全さば連Facebookグループページ」がスタート。サバ関係者、そしてサバファンの方々、どなたでも参加可能。

関連するキーワード
関連記事
全国各地のサバ缶を食べてきたサバジェンヌをして「ドハマりしている」と言わしめた静岡県伊東市発の「伊豆半島のさば缶」。高品質なサバのポテンシャルを最大限に活かす缶詰業者とのコラボレーションによりできあがった傑作です。しかも、料理に使っても最高!
インド、スリランカ、バングラデシュ、タイ……スパイスカレーが豊富に揃う、八丁堀の「TRUNK CAFE(トランク カフェ)」。3周年を記念して作られた限定メニューが「海宝ちらしカレー」。しかも、そこにサバが絡んでいるという。衝撃のひと皿をサバジェンヌが実食!!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
「鯖街道」を有する福井県若狭地方で新たなブランドサバが誕生していました。こだわりと愛情がたっぷり詰まった「よっぱらいサバ」に出合うため、サバジェンヌが福井県までやってきました。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。
最新記事
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル