MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(38) 南阿蘇鉄道で冬紅茶/1976~2017年 

撮り鉄の「食」の思い出(38) 南阿蘇鉄道で冬紅茶/1976~2017年 

12月に入り寒くなってきたなと思ったころ TVで午後の紅茶のコマーシャルを見かけるようになりました。 舞台は熊本県の南阿蘇鉄道。 豊肥本線の立野駅から行き止まりの高森駅までを結ぶ、阿蘇の山々を眺めて走る美しい路線です……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(38) 南阿蘇鉄道で冬紅茶/1976~2017年 の画像をチェック! navigate_next

南阿蘇鉄道で冬紅茶/1976~2017年


12月に入り寒くなってきたなと思ったころ、TVで午後の紅茶のコマーシャルを見かけるようになりました。

舞台は、熊本県の南阿蘇鉄道です。

南阿蘇鉄道は豊肥本線の立野駅から行き止まりの高森駅までを結ぶ、17.7Kmの第3セクター鉄道。
 
阿蘇の山々を眺めて走る美しい路線です。

[阿蘇外輪山の中を走る南阿蘇鉄道(2017年撮影)]


はじめてこの線に乗ったのが、だいぶ前で1976年。

中学から高校に入る春でした。

宮崎県の高千穂からバスで高森に移動して列車に乗ったのは、よく覚えているのですが、なぜか写真がありません。

淡い記憶を探って……もしかすると、撮っていない……。

何やってんだ!

当時のオレ!!

まさか、40年以上経ってから悔やむとは、思ってもみませんでした。

[はじめての高森駅、当然国鉄時代(1976年購入)]


1986年には第3セクター鉄道として、開業しました。

当時は、JRから臨時列車が乗り入れたりと、たいへんな賑わいでした。

そのころの社員は19名。

この人数で、列車運行から観光列車の案内まですべてこなすという、がんばりの鉄道です。

このころから私は頻繁に通い始めます。

小さな車両といい、沿線の広大な風景といい、やさしく出迎えてくれる鉄道会社や地元の方々に、とても好きな路線になりました。

[開業のころの南阿蘇鉄道中松駅。JRから臨時列車が乗り入れている(1988年撮影)]


ところが2016年4月14日、16日の熊本地震。

各地で大きな被害が発生し、南阿蘇鉄道も大きく被災しました。

ただただ、言葉を失うだけでした。

しかし、被災から約100日後の7月31日に、比較的被害の少なかった中松駅と終点の高森駅の間で運転を再開。

観光列車のトロッコゆうすげ号も走り始めました。

[中松駅~高森間で運転を再開。しかし中松駅の立野側は土嚢が積んであり、運休が続く(2017年撮影)]

[トロッコ列車も運転を再開:運転日注意(2017年撮影)]


2017年末に行われた、たくさんの鉄道プロカメラマンによるチャリティー写真展には、私も参加させていただきました。

[2回目の写真展は神奈川県川崎市の岡本太郎記念館。
熊本復興イベントの一環で、くまモンも登場(2016年撮影)]


同じ冬にテレビを見ていてくぎ付けになりました。

『午後の紅茶』のコマーシャルです。

見覚えのある駅で、ヘッドホンをした少女が歌う、あの映像です。

南阿蘇鉄道のホームページからも見ることができます。
(期間限定)
 

舞台になっている駅は、終点高森駅のひとつ手前、見晴台駅です。

第3セクター化したときにできた小さな無人駅で、当時はその名の通り屋上が展望台になっていて、阿蘇の山々を見ることができました。

[完成直後の見晴台駅、展望台の駅だ(1988年撮影)]


近年訪れてみると、山小屋風の駅舎に変わっていました。

それでも、無人駅であることは変わりません。

[現在の見晴台駅(2017年撮影)]


コマーシャルの映像は、阿蘇外輪山をバックに、この駅のホームで撮影されています。

[見覚えのあるアングル(2017年撮影)]


地元の方々と話をしていると、
「あの列車オレが運転したんだよ」
「撮影スタッフやエキストラの炊き出しを手伝ったのよ」
「画面の端にちょっと写ってた」
など、皆さん楽しそうに話をしてくれます。

いろいろな形の応援があるのですね。

この駅にも観光客がたくさん訪れるようになって、それまでは自動販売機もなかった駅が賑わっています。

自動販売機も設置されました。


ただ、ホットの午後の紅茶は、何度行っても売り切れていました(笑)

[見晴台駅に設置された自動販売機(2017年撮影)]


2016年の秋に始まったこのコマーシャルは、残念ながら3回目で完結です。

いつの日か、完全に復旧した南阿蘇鉄道を舞台に、続編が見てみたいです。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル