MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
わたべ(うなぎ/春日)

わたべ(うなぎ/春日)

分厚い身を頬張れば、舌の上でホロリとほどけ、香ばしさと脂の甘みの余韻がいつまでも続く。創業は今から約70年前。

perm_media 《画像ギャラリー》わたべ(うなぎ/春日)の画像をチェック! navigate_next

わたべ(最寄駅:春日駅)

まるで淡雪のような口どけ。分厚い身の旨さに唸る!

蒲焼きや佃煮を販売する小売り店としてスタートした。使用するうなぎは三河一色産が中心で、特に太く脂がのったもの。素焼き後に小骨を一本一本丁寧に抜くことで、淡雪のような口どけを生んでいるのだ。
 ここを訪れるならば、フォアグラに蒲焼きをのせた逸品(左上の写真)を注文したい。性質が全く異なる両者の、予想以上の親和性に驚愕するはず。フレンチのような多重な味わいに、思わずワインに手が伸びる。

うな重 特上
4400円(上は3500円)

まずひと口頬張れば、身の格別なふわふわ感に驚く。70年前の創業時から受け継ぐタレは、深いコクがありつつも、あっさりとしていて脂の甘みやコクをより繊細に引き立ててくれる

鰻の蒲焼きとフォアグラのテリーヌ
2800円

フォアグラの表面をキャラメリゼしたほろ苦さや、パリッとした食感が、まったりとした料理を引き締める。ソースはうなぎのタレをベースにマデイラワインを加え、甘酸っぱさをプラス。香りのアクセントに実山椒の塩ゆでをあしらっている

うなぎ肝ソテー卵黄添え
1200円

10匹分もの肝を、粉山椒とタレで絡めながら香ばしく仕上げた。卵黄のコクが相性抜群だ

お店からの一言

店長 渡部善隆さん

「先々代から受け継いだ佃煮も販売しています」

わたべの店舗情報

[住所]東京都文京区小石川1-9-14 [TEL]03-3812-7448 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時LO)※ランチタイム有 [休日]水曜日・木曜日 [座席]全30席/分煙/予約可/カード可/サなし、アルコール注文のみお通し代432円別 [交通アクセス]地下鉄都営三田線ほか春日駅A5出口から徒歩1分


電話番号 03-3812-7448

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「若い頃から東京に支店を出すのが夢だった」と話すのが、浜松で最古のうなぎ屋『中川屋』の4代目である村越武さん。本店を息子に任せ、昨年それを実現させた。
うな重、蒲焼き、白焼き……。うなぎ料理といえば、このあたりが定番ですが、和食の枠を外れたうなぎ料理はないのだろうか。ということで、探したところ中国料理店を中心に発見! 中華なうなぎ料理をご覧あれ。
かつて、手賀沼で獲れたうなぎは江戸にまで運ばれ贈答品として珍重されたのだとか。その湖畔に位置する我孫子市は、今も数多くの店があるうなぎ処だ。
近年オープンした都内のうなぎ店を調査した結果、自信をもっておすすめできる三ツ星店を4軒ご紹介。老舗の支店や、関東や関西から東京初進出を果たしたお店まで粒揃いです。土用丑の日に合わせて、ぜひご賞味ください!
『おとなの週末』はもちろん、ミシュランにも掲載された名古屋を代表するうなぎ店『炭焼 うな富士』。2021年3月にオープンした『天白別邸』は、築104年の古民家をリノベーションした趣あるお店。ゆったり、のんびりと食事ができる話題の最新店へ伺いました。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル