SNSで最新情報をチェック

分厚い身を頬張れば、舌の上でホロリとほどけ、香ばしさと脂の甘みの余韻がいつまでも続く。創業は今から約70年前。

画像ギャラリー

わたべ(最寄駅:春日駅)

まるで淡雪のような口どけ。分厚い身の旨さに唸る!

蒲焼きや佃煮を販売する小売り店としてスタートした。使用するうなぎは三河一色産が中心で、特に太く脂がのったもの。素焼き後に小骨を一本一本丁寧に抜くことで、淡雪のような口どけを生んでいるのだ。 ここを訪れるならば、フォアグラに蒲焼きをのせた逸品(左上の写真)を注文したい。性質が全く異なる両者の、予想以上の親和性に驚愕するはず。フレンチのような多重な味わいに、思わずワインに手が伸びる。

うな重 特上

4400円(上は3500円)

鰻の蒲焼きとフォアグラのテリーヌ

2800円

フォアグラの表面をキャラメリゼしたほろ苦さや、パリッとした食感が、まったりとした料理を引き締める。ソースはうなぎのタレをベースにマデイラワインを加え、甘酸っぱさをプラス。香りのアクセントに実山椒の塩ゆでをあしらっている

うなぎ肝ソテー卵黄添え

1200円

10匹分もの肝を、粉山椒とタレで絡めながら香ばしく仕上げた。卵黄のコクが相性抜群だ

お店からの一言

店長 渡部善隆さん

「先々代から受け継いだ佃煮も販売しています」

わたべの店舗情報

[住所]東京都文京区小石川1-9-14 [TEL]03-3812-7448 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時LO)※ランチタイム有 [休日]水曜日・木曜日 [座席]全30席/分煙/予約可/カード可/サなし、アルコール注文のみお通し代432円別 [交通アクセス]地下鉄都営三田線ほか春日駅A5出口から徒歩1分

電話番号 03-3812-7448

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...