MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鳥ひろ(焼き鳥・鶏料理/小川町・淡路町)

鳥ひろ(焼き鳥・鶏料理/小川町・淡路町)

 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。

perm_media 《画像ギャラリー》鳥ひろ(焼き鳥・鶏料理/小川町・淡路町)の画像をチェック! navigate_next

鳥ひろ(最寄駅:小川町駅、淡路町駅)

朝挽きの鶏を繊細な火入れで楽しめる焼鳥店

創業23年になる店には、平日は近隣のビジネスマンが、土曜は家族連れが訪れ、ゆったり過ごす。

焼き鳥コース(お通し、串8本〈ささみ・レバー・砂肝・う玉・もも肉・だんご・ねぎ巻・ぼんちり〉、サラダ、スープ)
3100円

親鶏をメインに噛むほどコクと旨みが増す「だんご」など、ひと手間かけた焼鳥。鶏ガラ100%のスープは五臓六腑に沁みわたる

焼き鳥単品
1本300円

歯応えの良いハツもと(前列右)など希少部位も

そぼろごはん
600円

客の99%が注文する〆。スジが入るゴロゴロとした肉感がアクセントになった深い味わいも美味しさの秘密だ。注文が入ってから火入れする

ささみ漬け
600円

しっとりとした旨さに、酒が進む一品

お店からの一言

店主 伊藤弘彦さん

「20年以上の常連さんも多くおいでです」

鳥ひろの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田須田町1-4 清水ビル1階 [TEL]03-5256-3855 [営業時間]17時半~22時LO、土17時半~20時(19時半LO) [休日]日・祝、第2土、不定休 [席]カウンターあり、全20席/全席喫煙可/20時まで予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線小川町駅・丸ノ内線淡路町駅A1・A2番出口から徒歩1分


電話番号 03-5256-3855

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル