MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
bistro feve(ビストロ/神保町)

bistro feve(ビストロ/神保町)

食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。

perm_media 《画像ギャラリー》bistro feve(ビストロ/神保町)の画像をチェック! navigate_next

bistro feve(最寄駅:神保町駅)

素材の味を最大限に高めた力強いひと皿

メインの肉料理は、低温調理でぶ厚くてもしっとり柔らか。塩加減も程よく、赤身が本来持つ肉汁と脂の滋味がじわりと広がる。特に黒豚純血種の柔らかな肉質と風味には驚くはず。店主の妻でパティシエの望さんが作る旬の果物を使ったデザートも絶品だ。

本日のお肉料理より盛り合わせ(黒豚純血バークシャー種のロティ、岩手短角牛 サーロインのロティ)、工藤さんのルッコラサラダ(ハーフ)
3300円、350円

付け合わせのジャガイモは皮を残したまま手で割り、旨みを引き出し、蒸してから揚げたもの。赤ワインのソースが肉の旨みを引き立てる

旬の野菜グリルと
自家製ベーコン
1600円

旬野菜はできるだけ生産者の顔が見えるものにこだわる。皮付き豚の自家製ベーコンと共に

ワインはすべて自然派のもの。農法・製法について信頼できるワインを、飲み頃を見極めてオススメしてくれる

お店からの一言

店主 馬場将吾さん

「大地と生産者が作り出す自然の味をお楽しみください」

bistro feveの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田神保町1-44-5 フィオーレ神保町1階 [TEL]03-5577-6040 [営業時間]18時~23時(22時LO)、土18時~21時(20時LO)※ランチ営業あり、要問い合わせ ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙(店舗外で喫煙可)/予約可/カード可/お通し代250円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5番出口から徒歩5分


電話番号 03-5577-6040

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最高品質のイベリコ豚を使用。遠赤外線効果のある溶岩プレートで焼くと余分な脂が落ち、肉の旨みが凝縮。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
福岡市内で話題のエリア「渡辺通」にある『ビストロ・クワバラ』は、独自のメニュー構成であることに加え、看板猫がいることでも人気のお店です。そのメニューと、かわいい猫ちゃんに迫ります。
扉の向こうは、高井シェフによって繰り広げられる美味なる劇場だ。元は料亭で腕を振るった和食の職人で、ワインとの出合いをきっかけにフレンチにどっぷりハマってから十数年。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル