MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺と天ぷら定食とおっさん女子、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(115)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺と天ぷら定食とおっさん女子、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(115)

私の“ランチで出してもいい金額の設定”が、最初から1800円オーバーのジャンルがあります。それはズバリ、天ぷら定食だ!  安い天ぷら定食を食して、過去何度もやりきれない思いになったため、天ぷら定食の場合は、1500円オーバーも厭わないことに……。

吉祥寺と天ぷら定食とおっさん女子、の件


吉祥寺のランチ価格の相場は、たぶん1000円(税込)だと思う。

1000円を超えた場合、そのランチのコストパフォーマンが、かなり問われてくるように感じるおっさん女子である。

ちなみに連載20回で紹介した『階段ノ上ノ食堂』や、95回の新星中華『Y』などは、内容的に満足度が高いので、1000円オーバーでも、贅沢ランチとしておすすめしているワケです。

しかし、私の“ランチで出してもいい金額の設定”が、最初から1800円オーバーのジャンルがあります。

それはズバリ、天ぷら定食だ! 

私は天丼があまり好きではないので、天ぷらといえば、天ぷら定食。

そして安い天ぷら定食を食して、過去何度もやりきれない思いになったため、天ぷら定食の場合は、1500円オーバーも厭わない。

もっと言うと予算は2000円です(キッパリ)。

正直、吉祥寺では1800円くらいで収めたい感じですが(笑)。

イラスト/小豆だるま


参考までに、吉祥寺の天ぷら定食でのやりきれない感をご紹介。

『天ぷらの衣がボリューミーではがして食べたくなる』、『量が少なすぎる』、『天ぷらが焦げ臭い』、『ランチ時間は見習いさんが揚げている。

これは失敗ではないか?』などなどです。

まあ、安いのには理由があるわけですね……。

114回で紹介した『あぶり処M』は、魚ランチの天ぷら定食が1000円で、クオリティ的にも素晴らしいのですが、ごくごくたまーにしか出てこないのが悲しいです。

2017年、「天ぷら砂漠」の吉祥寺に登場した天ぷら屋の『Hれ』


さらに吉祥寺がトンカツ砂漠だというのは、前に67回でご紹介しましたが、実は天ぷら砂漠でもあります。

私が納得できる天ぷら定食を出す店が、長らくなかったのですが、2017年にとうとう登場しました。

場所は、井の頭通りを三鷹方面にちょっと進んだあたり。ここに宮沢りえのヌード写真集(古い?)のタイトルと同じビルがあるんです。

雰囲気もまあ、そんな感じ。

しかしここは、吉祥寺観光客の動線に含まれていない場所なので、ビルの中の飲食店は、私の記憶では短期間に2~3軒ほど、撤退しています。

けっこう難しい場所ですね。

この難しい場所の地下1Fにある天ぷら屋さん『Hれ』。


ちなみに天ぷら定食は1800円(税別)です。

内容は、季節によって多少は変わるとは思いますが、海老2、コウイカ1、メゴチ1~2(大きさによるみたい)、キス1、かぼちゃ1、なす1という感じで、文句のつけようがありません。

ランチ定食で、メゴチが入ってるって、すごくない? 

それに、ごはん+味噌汁+サラダ+漬物のセットがつきます。


『Hれ』の天ぷらは、天つゆで食べるタイプですが、4種類の塩が完備されており(流水塩、カレー塩、抹茶塩、ゆかり塩)、塩で食べたい人の欲求も満たしてくれます。

揚げ方も完璧です。

衣はサクサクで軽い! 

ちなみに上天ぷら定食は2800円だ!! 

高い! 

ランチ時のお客さんの平均年齢は、たぶん65歳オーバーだと思う。

武蔵野マダムの社交場のようになっております。


この店に何の文句もないのですが、ひとつ心配があります。

お店の立地が悪いので、閉店しちゃったどうしよう……、です(涙)。

ぜひガンバってほしい! という気持ちでいっぱいです! 


持ちこたえてくれ!









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。



小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
109views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt