MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
おーどぶるハウス(居酒屋/町屋)|内緒にしたい下町の隠れ家。フレンチ料理人の店主による絶品料理に舌鼓♪

おーどぶるハウス(居酒屋/町屋)|内緒にしたい下町の隠れ家。フレンチ料理人の店主による絶品料理に舌鼓♪

ホントは内緒にしておきたい下町の隠れ家。フレンチ仕込みの料理人・篠原さんがテリーヌからマカロニグラタン、焼きそばまで、食いしん坊の心をわし摑みにする。

おーどぶるハウス(最寄駅:町屋駅)

遠くても行く価値ありの下町の名店

日本酒とナチュラルなワインのセレクト眼も頼もしく、酒好き達がわざわざ遠くから足を運ぶほど。しかも「料理はおひとり様サイズもご用意します」なんてまさに天国!

しいたけと鶏のテリーヌ(S)、奥深い生もと純米の燗
700円、800円

ムースのように滑らかな舌触り、でも噛み応えのあるテリーヌは「群馬泉」のお燗で。椎茸を炒めたバターの香りが、暖かい日本酒によって蘇りふわりと口の中でふくらむ

牛ハツステーキポン酢ソース(S)、旨み凝縮のピュアな赤ワイン
800円、900円

イタリアの赤「モンテプルチャーノ・ダブルッツォ・ル・クンタデン」は優しい中にも凝縮感がある。ポン酢とバルサミコのソースやバターナッツとじゃがいものピュレと絶妙

日本酒、ワイン、クラフトビールがオンリスト

お店からの一言

店主 篠原立樹さん

「美味しいお燗とワインで楽しんで!」

おーどぶるハウスの店舗情報

[住所]東京都荒川区町屋3-10-11 [TEL]03-3892-3104 [営業時間]17時~24時 [休日]水 [席]カウンターあり、全22席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線町屋駅から徒歩9分


電話番号 03-3892-3104

撮影/貝塚 隆 文/岡本ジュン

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名前通り、土佐清水市と連携協定を締結し、アンテナショップ的な役割も果たす居酒屋だ。土佐清水が発祥の地とも言われるカツオのたたき(藁焼き)や「清水さば」をはじめ、産地直送で届く鮮魚。
カウンター酒場の名物なら煮込みがテッパンだ。この店のそれは串スタイル。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
下町酒場は陽気なムードと安くて旨い料理が魅力。そこにクラフトビールやこだわりの日本酒、ナチュラルなワインが加わったこの店は最強だ。
またひとつ渋谷にいい店が誕生した。超人気の日本酒居酒屋『高太郎』を経て今年独立した酒井さん。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt