MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
もつ焼き 煮込み 三六 八重洲店(もつ鍋/東京)|昭和の雰囲気を残すホルモン系飲み処。リーズナブルに飲める♪

もつ焼き 煮込み 三六 八重洲店(もつ鍋/東京)|昭和の雰囲気を残すホルモン系飲み処。リーズナブルに飲める♪

モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

perm_media 《画像ギャラリー》もつ焼き 煮込み 三六 八重洲店(もつ鍋/東京)|昭和の雰囲気を残すホルモン系飲み処。リーズナブルに飲める♪の画像をチェック! navigate_next

もつ焼き 煮込み 三六 八重洲店(最寄駅:東京駅)

縄暖簾の先にモツ料理の美味が待つヤエチカの繁盛店

旨さは鮮度と完璧な下処理の賜物だ。洗い、掃除、ボイル、カットを徹底管理して行い、焼き物は手で丁寧に串打ち。ひと塗りする油もハラミはニンニク油、ナンコツは大葉油など部位で変え個性を引き出している。モツ鍋に至ってはぷるぷるっとトロけるようなマルチョウの旨みに卒倒確実! しかも値段は庶民の味方。ああ、今日も縄暖簾が呼ぶのです。

もつ鍋 醤油(二人前)
2790円

じゅわっと甘みが口中に広がる国産マルチョウがたっぷり。野菜はニラ、キャベツ、ゴボウ。アゴ(トビウオ)ダシに醤油で味を調える程度で、後は食材の旨みだけ。なのに驚くほど奥深い

上たん刺、もつ焼き
580円、1本150円~

柔らかい豚タン元を使う人気の「上たん刺」は低温調理で食感を残しつつ火入れ。もつ焼きはおまかせでも注文できる。写真は「しろ」や「がつ」など。希少な「のどぶえ」は1串で豚二頭分の喉ナンコツを使う。人気の部位は売り切れ御免

どて煮込み
660円

店内の大鍋で煮込んでいる八丁味噌ベースの煮込み。「しろ」「てっぽう」「はちのす」などが入り、コクのある甘み。オープンから継ぎ足しで守る味だ

お店からの一言

店長 峰岸可菜子さん

「八重洲店だけの季節メニューもあります」

もつ焼き 煮込み 三六 八重洲店の店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下1番通り [TEL]03-3243-0369 [営業時間]11時~22時半(ランチは15時まで、21時45分LO)※ランチタイム有 [休日]1月1日 [席]カウンターあり、全43席/喫煙可(ランチは禁煙)/夜は予約可/カード可/サなし [交通アクセス]八重洲地下中央口改札から徒歩5分※『三六』の値段は税抜きです


電話番号 03-3243-0369

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ニンニクと唐辛子が利いた醤油味のスープに、山盛りのキャベツとニラ。博多もつ鍋の原点ともいえるストレートな美味しさが幅広い年代に人気だ。
京もつ鍋 亀八はまるごとにっぽん4Fレストラン街の三ツ星店。冬場は予約でいつも満席という京都の人気店が東京に進出。京もつ鍋 亀[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩1分
豚肩ロースは、低温調理で手間をかけて作られているのでとても柔らか。オーダー後に表面をカリッと焼き上げ、熱々の鉄板で出される様には心が躍るはず。※ランチタイム有
白・黒・赤(55)の3種類のホッピーを飲み比べられるのがうれしい!ホッピー誕生の地である赤坂で、白・黒・55の3種の美味しいホッピーを飲ませてくれるのは、2016年2月にオープンした『三六・別邸』。「プロが作る家庭料理」をコンセプトに、手間暇かけたホッとする味わいと温かな接客が魅力の店だ。 ※ランチタイム有
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル