MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
件(くだん)|極上のダシが香るおでんと燗酒で、ゆったりと過ごす(おでん/学芸大学)

件(くだん)|極上のダシが香るおでんと燗酒で、ゆったりと過ごす(おでん/学芸大学)

引き戸を開けると、店内にはダシの香りが漂っている。おでんと燗酒を掲げて、店主の川辺さんが店を開店したのは12年前のこと。当時はお燗に対するお客さんの戸惑いも多かったというが、少しずつ飲み手の心を解きほぐし、やがて燗酒の名店として親しまれるまでになった。件 (くだん)[交]東急東横線学芸大学駅西口から徒歩2分

perm_media 《画像ギャラリー》件(くだん)|極上のダシが香るおでんと燗酒で、ゆったりと過ごす(おでん/学芸大学)の画像をチェック! navigate_next

件(最寄駅:学芸大学駅)

メインのおでんは関西風の透明なダシで、みりんを使わないためキレがよく、実はこれだけでお酒がすすむ。鮮度のいい刺身や魚料理、煮物、揚げ物など料理も多彩で、これがまた酒を呼ぶからたまらない。「最初の一杯こそお燗ですよ」という川辺さん。燗酒でゆるゆると助走をつけて飲み始めれば、その日は心地よく酔うことができると教えてくれた。 件でお猪口を手に取ると、そのほのかな温かさにハッとさせられる。酒器を温めて出すのは、お酒が冷めないだけでなく、ひと手間を惜しまないという心意気だ。小さなことにも心を込めた手抜きのない仕事ぶりが件の信条である。

件のおでん 5種盛り
1100円

旨みのある澄みきったダシに、とろける甘みの徳島の大根や玉子などが入る。自家製のからし味噌をつけていただく

丹澤山 麗峰 純米酒
850円(グラス)

ポテトサラダ
650円

代々の一番弟子が考案するという「ポテトサラダ」。冷たい料理のポテトサラダには少し低い温度の燗酒を合わせて

岩中豚のやわらか角煮
1300円

上品な甘辛い味付けには熟成した日本酒のお燗を

[住所]東京都目黒区鷹番3-7-4 関口ビル1F [TEL]03-3794-6007 [営業時間]17時~24時LO、日・祝~23時LO [休日]月 [席]カウンター7席、テーブル12席、個室2、計29席/禁煙(個室は喫煙可)/予約可/カード不可/サなし、お通し代別430円 [交通アクセス]東急東横線学芸大学駅西口から徒歩2分

電話番号 03-3794-6007
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
約10種類を揃える練り物は、どれも旨みにあふれ、噛めば押し返すような、抜群の食感が楽しめる。メインにイトヨリダイを使用し、ホッケなどをブレンドするという、同店のこだわりゆえの逸品たちなのだ。
例えば「大根」。2日間かけて炊くが、ツユの旨みだけでなく、素材が持つ味がきちんと残って、ほっこり。
やさしい味わいに心が和らぎ、気持ちがほっこり。そんなおでんのダシには、旨みの強い羅臼と日高の2種類の昆布を使い、カツオ節はしっかりと味が出るものを時期や産地で厳選。
黒はんぺんやさんかく、ふわ。魚粉をしっかりかけて食べるのが旨い静岡おでん。
京橋駅周辺をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめおでん。おでんが恋しいこの季節。ならば黄金色のつゆが美しいこの店はいかが。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。
439views コラム

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル