MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_淡路産のオニオンにこだわって完成したお好み焼き「オニ焼きチーズ入り」が大人気! あのオタフクソースから表彰も!/大阪ローカル穴場メシ情報[65]

大阪穴場グルメ_淡路産のオニオンにこだわって完成したお好み焼き「オニ焼きチーズ入り」が大人気! あのオタフクソースから表彰も!/大阪ローカル穴場メシ情報[65]

大正駅というと京セラドームが近くにあって、下町ながらも近ごろなにかと話題のエリア。 そんな“ええ店臭”の雰囲気プンプンの路地を抜けてたどり着いたのが、創業46周年を迎えた「お好み焼 ひろ」だ。

大阪穴場グルメ_淡路産のオニオンにこだわって完成したお好み焼き「オニ焼きチーズ入り」が大人気! あのオタフクソースから表彰も!


大正駅というと京セラドームが近くにあって、下町ながらも近頃なにかと話題のエリア。

飲食店も次々とオープン。

とはいえ、長く続くお店は野球ファンやコンサート帰りのファンを目当てではない。

「地道にやって地元の人に愛される飲食店でないと大正では難しい」という経営者も多いのだ。

JR大正駅の周りには昔ながらの風情ある横丁が多い。


“ええ店臭”の雰囲気プンプンの路地を抜けて、住宅街に辿りつくと目当てのお店に着いた。

8月5日に創業46周年を迎えた「お好み焼 ひろ」だ。

名物はオニオンが入った「オニ焼きチーズ入り」(850円)。

大阪ではネギ焼きに代表されるようにお好み焼きといえばネギが主流だ。


「オニオン好きの常連さんがいたんです。
玉ねぎを入れてお好みができないかと……。
それから始まったんです。試行錯誤の上、何度も何度も調整したんですね。
最初は普通に売られている玉ねぎで挑戦したんですが、辛みが強すぎて使えない。
それでわざわざネットで淡路産の玉ねぎを注文して1年がかりで完成させました」(店主)


とはいえ、単なる淡路産玉ねぎではない。

大玉に限るのだ。

「甘みが強いのは大玉で、皮が8枚ある。
小さいのではダメ。
それに切り方も調整が必要でした。
千切りだと甘みが少なくなるのでサイコロサイズにしました」


この大きさの玉ねぎがゴロゴロとしているのだ。

さらにマヨネーズにも隠し味を一つ。

「辛子が少しだけ入っているんです」


もうひと工夫として、チーズも入れてヒットメニューに。

糸をひくほど、チーズも入っている。

とにかく甘みもあってさらに辛子が隠し味になる。

さらに、あの「オタフクソース」からコンテストで表彰も受けた。


オニオンが、ついにお好み焼きの具材として認められたのだ(笑)。

店主のオカンの人柄もあってこの界隈では有名人。

珍しいのが、お好み焼き屋なのに付き出しも提供。

この日は冷奴だった。


そうそう。

お好み焼きといえば、その前に「焼きそば(いか入り)」(650円)も注文していた。

大阪では先にそば、後にお好み焼きが絶対である。

この麺はもちもち。

ピリッとした辛さを忍ばせていた。


アットホームな雰囲気とこの昭和な風情。

どこか安心するお店。

それが「ひろ」だった。


お好み焼 ひろ
[住所]大阪市大正区三軒家東1-1-9
[TEL]06-6553-6222
[営業時間]11:30~14:00
      16:00~22:00
[定休日]月・火・第3木曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
労働者の町・萩之茶屋で、女手一つで切り盛り。 朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているというのが、今回紹介する大衆酒場「あーる&あーる」。 外国人の方々が絶賛する「トンテキ」は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。
今里にある寿司屋の名店「八十八」。屋号は「やそはち」と読む。 15歳からこの業界に飛び込み、若くして独立した“活きの良い”店主がこだわる、魚の鮮度は、一度試してみる価値アリやで!
東淀川区の淡路。 友人の酒場通に言わせると、淡路に「電車賃をつかっても来る価値のある場所」があるという。 それが今回紹介する「あわや」。正直「お店大丈夫⁉」と心配してしまうほど価格破壊のメニュー満載の立ち飲み店だ。
大人の社交場、北新地に酒場がオープンするとの情報をキャッチ。 堂島アバンザから目と鼻の先にある「北ノ酒場TACHIPPA」は、北新地ではほとんど見かけない立ち飲みスタイルで、しかも割烹料理を提供。実にリーズナブルで、早くも女子会で人気だそう……。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt