MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
神田新八(居酒屋/神田)|お燗の名酒亭でたどる冬の鍋と酒のひと時

神田新八(居酒屋/神田)|お燗の名酒亭でたどる冬の鍋と酒のひと時

神田の老舗居酒屋「神田新八 (かんだしんぱち)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。燗酒の名店として有名な「神田新八」は今年で創業34年。埼玉の神亀酒造を始め、付き合いの深い蔵元は約50。その中から百種類以上の銘柄を常時揃えている。神田新八 (かんだしんぱち)[交]JR山手線ほか神田駅東口から徒歩3分

神田新八(最寄駅:神田駅)

 日本酒を選ぶ基準は「麹造りがしっかりしていること」と店主の佐久間丈陽さん。酒造りがしっかりなされていないと、お燗で温めたときにバランスが崩れて味が落ちるという。また、ベストな飲み頃で提供するために、常温と冷蔵の2つの倉庫で、それぞれの酒に合わせて寝かせている。

 酒だけでなく、料理にも定評がある同店の冬の名物は鍋だ。目の前で、あんこうの肝を土鍋で炒めるところから始める「あんこう鍋」は豪快。いいものが揚がった時だけ、産地から直送されるあんこうは鮮度も抜群だ。3種類の味噌を日本酒とともにブレンドしている鍋のダシは燗酒にとても合う。

 名店のお燗番がつける絶妙な燗酒と酒を呼ぶ冬の味覚。このふたつを思う存分味わえるのも、この時季ならではの楽しみだ。

かきのもろみ焼き
842円

カキは北海道の厚岸や仙鳳趾から届くものを使用。蔵で3年以上寝かせた「ひこ孫」の練れた旨みが、カキの磯の風味ともろみ焼きの香ばしさを引き立てる

ひこ孫 純米清酒
950円(一合)

百合根コロッケ
842円

帯広の百合根専門農家が作る百合根は、雪の下で熟成させているのでさつまいものように甘みが強い

あんこう鍋
1人前3780円(2人前~)

神田新八の店舗情報

■『神田新八』
[住所]東京都千代田区鍛冶町2-9-1
[TEL]03-3254-9729
[営業時間]16時~22時半LO、土曜日:~21時半LO
[休日]日曜日
[座席]1階カウンター5席、テーブル50席、座敷16、2階カウンター10席、テーブル8席、お座敷27席、3階テーブル4席、個室3室、計約120席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代別650円
[アクセス]JR山手線ほか神田駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3254-9729
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンターに集う皆の目当てはレモンサワーをはじめとした焼酎割り。中でもウーロンハイをはじめとしたお茶割りが人気だ。
木々に覆われた外観に、一見入りづらく思うかもしれない。しかし中へ入ると、スタッフの対応や明るい雰囲気に、ガラリと印象が変わるはず。
それが運ばれてきた瞬間、ピンク色に輝く美しいサシに心がときめいた。刺身? いいえ、「トロ焼きしゃぶ」。
なんと、ここは向かいにある酵素浴サロンがやっている立ち飲み店。酵素浴と酒場という組み合わせは意表を突くが、そもそもは酵素浴帰りに「体にいいものを食べられたらいいね」から始まったとか。
銀座のお隣、新富町にありながら「ホントにこの値段でいいの?」と驚かされること必至。ココはとびきり旨い魚介がメイン。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
基本的に定食類、弁当類は、鶏唐揚げデフォルトの脂っぽいおっさん女子とは、私のこと。 自粛要請というもののおかげで、今まで行かなかった居酒屋系の、ランチでのテイクアウトを食することができたのである……。そこで今回は、吉祥寺のおつまみ系鶏唐揚げのおすすめをご紹介だ!
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt