MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
七福(ラーメン/清澄白河)|江東区にある洋食のお店♪その中でも根強いファンがいるのがラーメン!

七福(ラーメン/清澄白河)|江東区にある洋食のお店♪その中でも根強いファンがいるのがラーメン!

安くて旨くてボリュームがあって。何から何まで満たされてしまう。

七福(最寄駅:清澄白河駅)

50年以上継ぎ足しで守る秘伝の醤油ダレの一杯

それが七福の料理。店主の小堀さんが高輪にあった店から独立したのは25歳の時。御年76歳の今も現役で妻の康子さんら家族と切り盛りする。洋食と中華が並ぶが、根強いファンもいるのがラーメンだ。修業先から譲り受けた醤油ダレを使うのが特徴で、50年以上継ぎ足しで守る味の要。年月を重ねたその深みは推して知るべし。これが490円。文句の付けようがありません。

ラーメン
490円

醤油味のスープは鶏ガラと豚骨などでダシを取る。細麺は昔と同じ製麺所から仕入れている

七福ランチ上
990円

看板メニュー。ランチと名が付くが終日注文可。エビフライにケチャップ味のメンチボール、豚肉の肉天などを盛り合わせ。注文があってから全て手作り

お店からの一言

店主 小堀満さん、康子さん夫妻

「常に自分が納得いく味を提供したいと思っています」

七福の店舗情報

[住所]東京都江東区白河3-9-13 [TEL]03-3641-9312 [営業時間]11時~14時(13時45分LO)、17時~21時(20時45分LO)※ランチタイム有 [休日]水、第1日 [席]全29席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか清澄白河駅B2出口から徒歩5分


電話番号 03-3641-9312

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt