SNSで最新情報をチェック

安くて旨くてボリュームがあって。何から何まで満たされてしまう。

画像ギャラリー

七福(最寄駅:清澄白河駅)

50年以上継ぎ足しで守る秘伝の醤油ダレの一杯

それが七福の料理。店主の小堀さんが高輪にあった店から独立したのは25歳の時。御年76歳の今も現役で妻の康子さんら家族と切り盛りする。洋食と中華が並ぶが、根強いファンもいるのがラーメンだ。修業先から譲り受けた醤油ダレを使うのが特徴で、50年以上継ぎ足しで守る味の要。年月を重ねたその深みは推して知るべし。これが490円。文句の付けようがありません。

ラーメン

490円

七福ランチ上

990円

看板メニュー。ランチと名が付くが終日注文可。エビフライにケチャップ味のメンチボール、豚肉の肉天などを盛り合わせ。注文があってから全て手作り

お店からの一言

 

店主 小堀満さん、康子さん夫妻

「常に自分が納得いく味を提供したいと思っています」

七福の店舗情報

[住所]東京都江東区白河3-9-13 [TEL]03-3641-9312 [営業時間]11時~14時(13時45分LO)、17時~21時(20時45分LO)※ランチタイム有 [休日]水、第1日 [席]全29席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか清澄白河駅B2出口から徒歩5分

 

電話番号 03-3641-9312

 

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2019年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...