MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
まるけん食堂(日本料理/吉祥寺)|安くて昔懐かしい家庭の味を食べさせてくれる、昭和なお店☆

まるけん食堂(日本料理/吉祥寺)|安くて昔懐かしい家庭の味を食べさせてくれる、昭和なお店☆

昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。

まるけん食堂(最寄駅:吉祥寺駅)

ふわっと白味噌ベースで豚バラのコクが生きる煮込み過ぎない家庭の味

定食用に作られた味噌汁がベースで、とん汁は注文が入ってから小鍋でさっと仕上げられる。大根、ニンジン、玉ネギに絹豆腐。クタッとし過ぎずにイキイキした感じがいい。甘過ぎない白味噌ベースの仕立て。コクを加えているのは、ご主人が「火の通りが早いからね」という薄切りの豚バラ肉だ。良心的過ぎる価格でこんな定食。足繁く通いたくなるなあ。

とん汁
200円

湯気をあげる味噌汁の大鍋から小鍋に移し、手際よく仕立てられたとん汁。豚バラの甘み、野菜にシャキッと感が残ってるのもいい

焼きサバ定食
480円(とん汁に変更で630円)

サバ焼きは一品で頼めばなんと270円。脂がのり、こんがり焼けていてご飯が進む

ヤキメシ、レバニラ炒め
480円、250円

玉子を入れず、ちゃんとご飯が焼けてるのがいい、懐かしのヤキメシ。レバニラの火の通り加減も絶妙だ

お店からの一言

店主 山岸清治さん

「ベースのお味噌汁もしっかりつくってます」

まるけん食堂の店舗情報

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺東町1-6-14 [TEL]0422-22-4250 [営業時間]11時~15時 ※ランチタイム有 [休日]17時~21時 [席]全14席/ランチは全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス] JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩9分


電話番号 0422-22-4250

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt