MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
グリル ツカサ(洋食/人形町)|老舗洋食店☆3週間かけて作りあげる自慢のデミグラスソースは絶品!

グリル ツカサ(洋食/人形町)|老舗洋食店☆3週間かけて作りあげる自慢のデミグラスソースは絶品!

デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。

perm_media 《画像ギャラリー》グリル ツカサ(洋食/人形町)|老舗洋食店☆3週間かけて作りあげる自慢のデミグラスソースは絶品!の画像をチェック! navigate_next

グリル ツカサ(最寄駅:人形町駅)

上質な肉の旨さが際立つ下町洋食店の逸品

そう感じさせるのが老舗の2代目が作る「煮込みハンバーグ」。もちろんソースもハンバーグも両方が完璧でなければこの味は成り立たない。デミグラスは牛スジや鶏手羽のガラなどを煮込み、3週間かけて仕込むもので、亡き先代のレシピを進化させた味わいだ。小麦粉は使わず、野菜の旨みでとろみを付けることであっさりしつつコクのある余韻を実現させた。肉は地元の名店『日山』から仕入れる国産黒毛和牛と豚の合挽き。やや牛肉を多めにしているので脂が強過ぎず上品に。両者の共演で旨さも倍増。感動は頂点へと到達する。

煮込みハンバーグ
1400円

食感が良くなるよう二度挽きした合挽き肉を使う。上質な肉とデミグラスの濃厚な旨みが絶妙な味わい。デミグラスは牛スジや香味野菜などを2日煮込んでは取り出して濾すという作業を繰り返し、3週間で完成させる

ビーフシチュー
2900円

『日山』から仕入れる国産和牛のバラ肉を煮込んだビーフシチューも人気

国産豚のポークソテー
2160円

同じく『日山』から豚ロース肉1本を仕入れ、ソテーには肩に近い方を使う。見事な大きさで厚みがあるのに柔らかい

お店からの一言

店主 中山一彦さん

「小麦粉を使わず野菜の旨みでとろみを出しています」

グリル ツカサの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-9-10 [TEL]03-3666-8997 [営業時間]11時半~13時(12時半LO、昼は予約が必要)、17時半~21時(2階は~22時、いずれも入店は20時まで)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]全44席/1階は禁煙、2階は喫煙可/予約可(昼は要予約)/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩3分


電話番号 03-3666-8997

撮影/貝塚 隆 取材/肥田木奈々

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
量があるけど薄くてカリッとしてるから2枚、3枚とつい手が伸びる。これにワインを合わせれば、肉の脂も揚げ物摂取の罪悪感も、おまけに日々の悩みまでスルスルと流されちゃう(かも!)。
秋田県出身のご兄弟と奥様3名で経営する温かいお店。兄と弟はそれぞれソムリエとシェフを務め、和洋のテイストを融合させた色彩豊かなメニューでおもてなししてくれる。
アフリカの濃い空気がギュッと詰まったわずか8席の小さな空間。扉を開けるとまずは陽気なリンガラ(コンゴ)ミュージックが迎えてくれる。
世界三大料理のひとつトルコ料理だが、その楽しさを知らない人は多いはず。そんな人は来ないと損だ。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
最新記事
究極のたこ焼きは青砥にあり! 焼き立て提供にこだわる店主の長尾さんは、素材から焼き方まで自分の道を追求する。
北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」のプライベートブランド(PB)商品を、大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」など道外の小売店でも見かける機会が増えました。セイコーマートを運営するセコマ(本社・札幌市)が道外にも商品を卸す外販事業に注力しているためです。同社執行役員で広報部部長の佐々木威知さんにその理由についてオンラインで聞くと、北海道への熱い思いが伝わってきました。
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル