MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
レストラン カタヤマ(洋食/東向島)|下町の人気洋食店♪リーズナブルに柔らかいステーキが食べられる!

レストラン カタヤマ(洋食/東向島)|下町の人気洋食店♪リーズナブルに柔らかいステーキが食べられる!

戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。

レストラン カタヤマ(最寄駅:東向島駅)

自慢のステーキと伝統の洋食が合体

その名物のステーキをグラタンにしたいという先代のアイデアから誕生したのが、ステーキグラタンだ。ホワイトソースの下から、厚みのあるステーキが現れると、テンションが上がる。グラタンになっても、ステーキはしっかりミディアムレア。肉汁が溢れてコクが深まったソースも、クセになる美味しさだ。さらに、通常のステーキメニューの鉄板にのっているナポリタンスパゲティも入り、ボリューム満点。それぞれの相性の良さにも驚かされる。

ステーキグラタン
1780円

グラタンにはオージービーフのモモ肉を使ったステーキが約100g入る。和牛バージョンもあり

カタヤマの盛合せエビフライカニグラタン
1410円

グラタンはカニの旨みが濃厚で、エビフライはプリプリ

マルキンステーキ定食
100g 2380円~ ※写真は150g3260円

マルキンはA4級の和牛を使用。ご飯や味噌汁と合わせるため、醤油ベースの和風ソースでいただく

お店からの一言

代表取締役 片山幸治さん

「肉の品質のほか鮮度にも力を入れてます」

レストラン カタヤマの店舗情報

[住所]東京都墨田区東向島4-2-6 [TEL]03-3610-1500 [営業時間]11時~14時半LO、16時半~21時半(20時45分LO)、土・日・祝11時~21時半(20時45分LO) [休日]無休 [席]カウンターあり、全46席/全席禁煙/予約不可/カード可(一部メニューは不可)/サなし [交通アクセス]東武伊勢崎線東向島駅から徒歩10分


電話番号 03-3610-1500

撮影/瀧澤晃一 取材/井島加恵

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
182views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt