MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
つくばぷりん ふじ屋(テイクアウト・手土産/桜川市)|茨城の美味しい食材を使ったプリン専門店!

つくばぷりん ふじ屋(テイクアウト・手土産/桜川市)|茨城の美味しい食材を使ったプリン専門店!

茨城県は日本一の和栗の産地で、さらに鶏卵の生産量も日本一と知ってただろうか? そんな素材の魅力を最大限に引き出して、最高金賞に輝いているのが「和栗ぷりん」。

つくばぷりん ふじ屋

とっても濃厚な和栗感♪ とろける風味と舌触り

県西の桜川市真壁町にある『つくばぷりん ふじ屋』の自信作だ。訪れてまず驚いたのは、その製造の丁寧さだ。
代表取締役の藤平祐次さんが「小さなプリン専門店でしかできない作り方です」というように、どの工程も実にきめ細かい手作り。やさしく、ゆっくりと仕上げられていく。使用するのは濃厚でコクのある奥久慈卵、筑波山麓で育った乳牛の鮮度抜群の牛乳、そして全容量の25%も練り込むという、茨城県産の特製和栗ペーストだ。

ふわっとやさしい感触なのに、口に入れるとたちまち和栗の自然な甘さが濃厚に広がる。あとから卵や牛乳の美味しさもやってくる。ここでしか生まれない究極の味だ。

やわらかな口どけで、和栗の風味が濃厚に広がる

お店からの一言

代表取締役 藤平祐次さん

「プリン専門店だからできる作り方にこだわっています」

つくばぷりん ふじ屋の店舗情報

[住所]茨城県桜川市真壁町飯塚113-1 [TEL]0296-54-2401 [営業時間]10時~18時 ※ランチタイム有 [休日]火


電話番号 0296-54-2401

撮影/貝塚 隆 取材/池田一郎

2019年4月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
茨城県の東南端、神栖市波崎は鹿島灘を臨み、昔から水産加工品製造が盛んなエリアだ。そこで明治15年創業の老舗、『鴨安商店』が作る伝統の味「いわし桜干」もまた、最高金賞受賞の見逃せない逸品だ。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
フレンチレストラン「オギノ」が手掛けるデリカテッセン。フランスの伝統的な味わいに荻野シェフ流のアレンジを加え、無添加で仕上げるパテやテリーヌは常時約7種。
昭和初期からの看板メニュー「カリーライス」。その秘伝のカレー粉にスパイスなどを合わせて焼き上げた生地に挟むのはチーズクリーム。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt