MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
肉屋直営 グッドミート・バル(バル/赤羽)肉料理が美味しくてリーズナブルに愉しめる♪

肉屋直営 グッドミート・バル(バル/赤羽)肉料理が美味しくてリーズナブルに愉しめる♪

ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。

perm_media 《画像ギャラリー》肉屋直営 グッドミート・バル(バル/赤羽)肉料理が美味しくてリーズナブルに愉しめる♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

肉屋直営 グッドミート・バル(最寄駅:赤羽駅)

プロが目利きした肉料理が自慢のスパニッシュイタリアン

日によって希少部位もバンバン出て、しかも2000円を切る値段なんだから恐れ入る。肉卸業者直営という強みを生かし、プロが選び抜いた肉をお値打ちでいただける店なのだ。調理に手間をかけても味付けはシンプルに。冒頭のグリルは焼いて寝かせてを繰り返し、旨みを凝縮させている。もちろん料理は肉だけにあらず。アヒージョなど目移りする美味揃いだ。

本日のグリル盛り合わせ(香川県黒毛和牛ウチモモ、熊本県あそび豚肩ロース、和牛ハツ)
1814円

ウチモモはクドくなく赤身独特の旨み。和牛ハツは歯応えも良く根強いファンが多い。基本的にどれも表面をグリルして数分寝かせ、さらにオーブンで焼いて寝かせることで中までじっくり火入れ。最後に表面をカリカリに仕上げる

季節のキッシュ(季節限定メニュー)
626円

野菜たっぷりのキッシュはおすすめメニューのひとつ

ラム肉のグリル(季節限定メニュー)
1382円

ラム肉はジューシーな味わい

お店からの一言

店長 近藤浩人さん

「和牛はA5ランクを中心に仕入れています。自慢の肉を楽しんで」

肉屋直営 グッドミート・バルの店舗情報

[住所]東京都北区赤羽1-39-4 サクセス大鵬8番館1階 [TEL]03-6454-4626 [営業時間]17時~23時半、土12時~24時、日・祝12時~23時半 ※ランチタイム有 [休日]年末年始 [席]カウンターあり、全46席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し代324円別 [交通アクセス]JR埼京線ほか赤羽駅東口から徒歩3分


電話番号 03-6454-4626

撮影/小島 昇、瀧澤晃一 取材/肥田木奈々

2019年7月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
おすすめは肩ロース、ハラミ、牛タンという3種の部位を一皿に盛り付けたステーキ3種盛。基本はミディアムレアだが熱々のぺレットで、好みの焼き加減に調整することも可能。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル