MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
酒場 やきとり 文楽|アメ横ガード下で雰囲気も最高(焼き鳥/上野)

酒場 やきとり 文楽|アメ横ガード下で雰囲気も最高(焼き鳥/上野)

上野アメ横のガード下。いつも賑わっていて、昼から楽しめる。焼鳥は鮮度のいい国産の素材にこだわり、ゆっくり時間をかけた煮込みも人気。「上野らしいこの雑踏の賑わいがいいですな。かと思えば、もつ煮込みやレバー、焼きもののレベルは高いですから。拙は焼酎お湯割で」酒場 やきとり 文楽[交]JR上野駅から徒歩5分、御徒町駅徒歩5分

酒場 やきとり 文楽(最寄駅:上野駅)

上野アメ横のガード下。いつも賑わっていて、昼から楽しめる。焼鳥は鮮度のいい国産の素材にこだわり、ゆっくり時間をかけた煮込みも人気。「上野らしいこの雑踏の賑わいがいいですな。かと思えば、もつ煮込みやレバー、焼きもののレベルは高いですから。拙は焼酎お湯割で」

酒場 やきとり 文楽

[住所]東京都台東区上野6-12-1[TEL]03-3832-0319 [営業時間]14時~23時、土日12時~20時ごろ [休日]無休 [座席]70席/カード不可/予約不可 [アクセス]JR上野駅広小路口から徒歩5分

電話番号 03-3832-0319
2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
比内地鶏と名古屋コーチン。日本を代表するふたつの地鶏を澄んだ鶏スープに入れ、中火で炊くこと90秒。
都内を中心に店舗展開する「鳥元」だが、立ち飲みスペースがあるのはここだけ。電車に乗る前でも後でも、サクッと寄れる気軽さが駅直結ならではの魅力だ。
東京駅丸の内駅舎内に位置する名門ホテルの地下1階。中に入れば駅の喧噪とは無縁の世界。
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
長らく白飯至上主義のおっさん女子であったが、最近、食パンに対する愛もちょっと芽生えてきた……。 はい、結論から先に言いましょう。練り込み系食パンは、『Cベーカリー』で買うべし! 吉祥寺東急デパートの通称デパサンにあるパン屋さんです。
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt