MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
クレア(入谷/洋食)|駅から徒歩3分、伝統的なフランス料理~パスタまで☆全てが美味しい洋食店♪

クレア(入谷/洋食)|駅から徒歩3分、伝統的なフランス料理~パスタまで☆全てが美味しい洋食店♪

オーナーシェフの栗原さんは、グランメゾン「シェ・イノ」の出身。と聞けば、少し身構えてしまうが、この店ではそんな心配はご無用。

perm_media 《画像ギャラリー》クレア(入谷/洋食)|駅から徒歩3分、伝統的なフランス料理~パスタまで☆全てが美味しい洋食店♪の画像をチェック! navigate_next

クレア(最寄駅:鶯谷駅)

フレンチ? イタリアン? 客の欲張りに応える名シェフによる新店

伝統的なフランス料理もあればパスタもあり、裏メニューには中華や和食も。昨年の開業にあたり12席という小さな店にしたのは、客の細かな要望にも応えていきたいからだそう。きっと通えば通うほど、楽しみ方はどんどん広がっていくはずだ。まずは赤ワインのリゾットのどこまでも奥深い風味で、仔羊のグリエに添えられたソースの重厚感で、その腕前と実力を体感してみてほしい。

仔羊のグリエ 香草バター
2450円

キノコのクリームソース、香草バターがラムの風味を繊細に引き出す

赤ワインのリゾット
3000円

赤ワインとポルト酒で炊き、仕上げにフォンドヴォーを少し。濃厚なコクと風味を堪能できる

レタスアンチョビ
750円

じっくり炒めたアンチョビとニンニクがレタスと相性抜群。ビールのお供に最適

お店からの一言

オーナーシェフ 栗原和幸さん

「ワインはもちろん、焼酎やウィスキーも揃えています。お好きに召し上がれ」

クレアの店舗情報

[住所]東京都台東区根岸3-12-18 博俊ビル1階 [TEL]03-6802-3530 [営業時間]11時半~14時LO(月・水・金)、18時~21時半LO ※ランチタイム有 [休日]木 [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか鶯谷駅北口から徒歩3分


電話番号 03-6802-3530

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
その美味しさに思わず顔がほころぶ。例えば魚は和歌山の漁港から直送されたものを最良の調理法で提供。味が濃い野菜は、皿ごとに異なる種類を極力入れるよう配慮されている。
大きな窓から射し込む日差しに、心ほどけるような空間だ。ここは新宿中村屋ビルの最上階にある直営レストラン。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
特殊な機械で栗ペーストを搾り出すモンブランが、昨年人気を集めました。それをおとなの週末編集部では“天空系モンブラン”と命名。そんな“天空系”が楽しめる店を巡りました。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
美味しいお店を求めて日頃から街をウオッチしている「おとなの週末」編集部。2020年、街ナカやスーパー、コンビニなどで目についたトレンドグルメを振り返ります。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル