MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
クレア(入谷/洋食)|駅から徒歩3分、伝統的なフランス料理~パスタまで☆全てが美味しい洋食店♪

クレア(入谷/洋食)|駅から徒歩3分、伝統的なフランス料理~パスタまで☆全てが美味しい洋食店♪

オーナーシェフの栗原さんは、グランメゾン「シェ・イノ」の出身。と聞けば、少し身構えてしまうが、この店ではそんな心配はご無用。

perm_media 《画像ギャラリー》クレア(入谷/洋食)|駅から徒歩3分、伝統的なフランス料理~パスタまで☆全てが美味しい洋食店♪の画像をチェック! navigate_next

クレア(最寄駅:鶯谷駅)

フレンチ? イタリアン? 客の欲張りに応える名シェフによる新店

伝統的なフランス料理もあればパスタもあり、裏メニューには中華や和食も。昨年の開業にあたり12席という小さな店にしたのは、客の細かな要望にも応えていきたいからだそう。きっと通えば通うほど、楽しみ方はどんどん広がっていくはずだ。まずは赤ワインのリゾットのどこまでも奥深い風味で、仔羊のグリエに添えられたソースの重厚感で、その腕前と実力を体感してみてほしい。

仔羊のグリエ 香草バター
2450円

キノコのクリームソース、香草バターがラムの風味を繊細に引き出す

赤ワインのリゾット
3000円

赤ワインとポルト酒で炊き、仕上げにフォンドヴォーを少し。濃厚なコクと風味を堪能できる

レタスアンチョビ
750円

じっくり炒めたアンチョビとニンニクがレタスと相性抜群。ビールのお供に最適

お店からの一言

オーナーシェフ 栗原和幸さん

「ワインはもちろん、焼酎やウィスキーも揃えています。お好きに召し上がれ」

クレアの店舗情報

[住所]東京都台東区根岸3-12-18 博俊ビル1階 [TEL]03-6802-3530 [営業時間]11時半~14時LO(月・水・金)、18時~21時半LO ※ランチタイム有 [休日]木 [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか鶯谷駅北口から徒歩3分


電話番号 03-6802-3530

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
最新記事
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
get_app
ダウンロードする
キャンセル