MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レストラン 日勝亭(洋食/水天宮前)|1925年創業の老舗レストラン☆ヤキメシは人気No.1メニュー!

レストラン 日勝亭(洋食/水天宮前)|1925年創業の老舗レストラン☆ヤキメシは人気No.1メニュー!

1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》レストラン 日勝亭(洋食/水天宮前)|1925年創業の老舗レストラン☆ヤキメシは人気No.1メニュー!の画像をチェック! navigate_next

レストラン 日勝亭(最寄駅:水天宮前駅)

シンプルだからこそもっと食べたくなるあと引く魅惑の逸品

ひと口含めば醤油がふわりと香り、ラードのコクが押し寄せる。玉ネギの甘みとピーマンのほろ苦さ、ソーセージの塩味もまた絶妙。具材と味付けのバランスの良さで、ご飯が約450gの大ボリュームながら、女性でもペロリと平らげるという。一度食べれば、ふと思い出して恋しくなる珠玉の味だ。

ヤキメシ
850円

卵はあえて溶かずにそのまま入れるため、白身と黄身の舌触りの違いを楽しめる

オムライス
950円

ヤキメシと人気を二分するオムライスはハムと玉ネギ入り

タンシチュー
1600円

ビターで深い味わいがクセになるデミグラスソースをまとったタンは、箸で簡単に切れるほどの柔らかさ

お店からの一言

店主 池原一孝さん、真理子さん

「今の店舗は2016年にリニューアルオープンしました」

レストラン 日勝亭の店舗情報の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋蛎殻町1-32-2 [TEL]03-6319-1077 [営業時間]11時~14時(13時半LO)、17時半~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝、お盆、年末年始 [席]全22席/全席禁煙/ディナーのみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線水天宮前駅6番出口から徒歩2分


電話番号 03-6319-1077

撮影/石井明和 取材/市村幸妙

2019年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル