MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
あづま軒(ラーメン/人形町)|昭和の雰囲気漂う老舗中華料理店!透き通ったスープのラーメンが秀逸☆

あづま軒(ラーメン/人形町)|昭和の雰囲気漂う老舗中華料理店!透き通ったスープのラーメンが秀逸☆

運ばれてきたそれは、控えめな美しさを放っていた。穏やかに澄んだスープは鶏ガラメインかと思いきや、実は豚ゲンコツ。

perm_media 《画像ギャラリー》あづま軒(ラーメン/人形町)|昭和の雰囲気漂う老舗中華料理店!透き通ったスープのラーメンが秀逸☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

あづま軒(最寄駅:人形町駅)

豚骨らしからぬ澄んだスープの優しい味に感動

煮立たせず、こまめにアクを取ることで奥ゆかしいまでに深く優しい味を作り出している。「豚骨は白濁という印象ですが、濁らないスープを作るよう父に教えられました」と2代目が話す通り、このスープ、この味が創業70年近くになる店のプライド。レシピはほぼ変えていないが、自家製麺の配合はつるモチッとした食感になるよう見直したという。550円。値段まで何とも奥ゆかしい。なるべく包みたてを提供する餃子や炒め物にも、誠実さがにじみ出る。しみじみいい店。

ラーメン
550円

雑味のないスープは秀逸。自家製麺は強力粉と中力粉をブレンドし、モチッとしつつのど越しもいいよう配合している

ニラ肉炒め、餃子
700円、500円

餃子は豚挽き肉にキャベツやニラなど野菜もたっぷり。ラーメン用のスープで蒸すように焼く。ニラ肉炒めはオイスターソースなどで味付け

お店からの一言

女将 首藤ちかこさん

「お店は4年ほど前に改装しました。家族経営で頑張っています」

あづま軒の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-3-8 [TEL]03-3666-1984 [営業時間]11時半~15時、18時~22時(21時半LO)、土の夜は21時まで、第3土は昼のみ営業 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全39席/1階禁煙、2階は13時以降喫煙可/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口、半蔵門線水天宮前駅7番出口から徒歩2分


電話番号 03-3666-1984

撮影/小澤晶子 取材/肥田木奈々

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル