MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
2021年のブレイクグルメをおとなの週末編集部が大予想!

2021年のブレイクグルメをおとなの週末編集部が大予想!

毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

はじめに

2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態をおとなの週末編集部が勝手に大予想。この中からどれだけ現実になるのか……その答えは……トランキーロ、焦らずにお待ちください。

コンパクトフードが定着する

個包装や1人前のお惣菜が好まれているから
ライター・市村幸妙

「今回、百貨店やコンビニのベストイー トを調査させていただいた際、 小包装の商品やおせち料理で1人前のものが売れているとお聞きしました。

ひと皿を共有しないで済む“コンパクトフード”の人気はある程度定着すると思います。また、自宅で手軽に本格的な味わいが楽しめるミールキットや冷凍食品(価格が左右されない野菜類なども含む)にも注目したいですね」

ダシ飲みブーム到来

日本コカ・コーラ社が紙容器を発売!
ライター・赤谷まりえ

「日本コカ・コーラ社がついに“ダシ”に手を出しました。2020年10月12日に販売された、その名も『GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし』。スタバやドトールでダシが飲めるのを待ち続け苦節約20年......。ブームの布石となるか」

ローアルコールビールが増える!

海外ではすでに大人気
編集・戎 誠輝

「ノンアルコールカクテル「モクテル」の次は、1%程度のローアルコールビールがクル! 台湾のタイフーブルーイングと箕面ビールのコラボで度数1%のスタウトが登場するなど、国内でもこの流れが加速しそうです!」

ビュッフェの逆襲がはじまる

外食するならたっぷり満喫したい
ライター・カーツさとう

「コロナで一時期休止に追い込まれた店が多いが、今は対策を施したビュッフェとして完全復活。おうちでは味わえない、好きなもんを好きなだけ食べまくるビュッフェは圧倒的満足感。たまに行く外食として大人気となる!」

大人のチーズグルメがクル!

ディップみたいな脇役的位置で
ライター・菜々山いく子

「若者を中心に人気だが、大人向けのチーズグルメが流行りそう。チーズフォンデュのようなチーズが主役じゃなく、焼鳥にチーズのディップソースがつくような、既存の料理にトッピングやディップする+αの立ち位置で」

通し営業の店に注目だ!!

店も客も意識が変わる今だから
ライター・池田一郎

「コロナ禍で客足が早くなっているのが続いてることもあり、予約を2部制にするなど店側の意識も変化。そこで注視したいのが『通し営業』。お客側もいろんな使い方ができますしね」

カレーパン時代がやってくる

食パンの次はコレ!
ライター・肥田木奈々

「相変わらず高級食パン専門店が増え続けていますが、カレーパンに注目。その食パン専門店を立て続けに開業させているプロデューサーが、カレーパン専門店にも着手。一気に増えそう」

キャンプフードがもっと盛り上がる!

コロナで田舎・自然に脚光
編集・鈴木里映

「コロナ禍で人が密集している都会よりも、“田舎・地方・自然のある場所”が注目されています。キャンプやグランピング、アウトドアでの料理や食べ物の需要がより増えてくると思います」

大豆ミートが当たり前の光景になる!

プラントベースの店増加でジワジワ人気
編集・武内慎司

「何より高たんぱくで低カロリー、コレステロール0、食物繊維豊富とヘルシーなのがいい。

近頃は『無印良品』からハンバーグやミートボール、『セブン-イレブン』からタコスミートなどに加工されたものも発売されており、想像以上に美味! となれば、もっと需要が増えるはず。ちなみに武内的には無印のスライスをカレーに加えるのが◎」

おわりに

以上、全部で9のグルメトレンドをご紹介しました。この中から実際に何が流行るのか!? 気になったトレンドはありましたでしょうか? 個人的にトレンドを予想するのも楽しいですよ。思いついたらぜひおとなの週末のTwitterにもお寄せください!

撮影/鵜澤昭彦(コンパクトフード)、大西尚明(チーズ)、小島 昇(チーズ、カレーパン) ※写真はイメージです

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べました。鶏肉に続き、今回は牛&豚肉を実食!!
自給自足に近い暮らし方を実践中の自然派医師・本間真二郎さん。米や野菜だけでなくふだん店で買うような加工食品までも手づくりし、腸内細菌を元気にしています。そんな日々の食卓を3回に分けて拝見。1回目は「手づくりがんもで作る熱々おでん」です!
冬に軽トラでやってくる「い〜しや〜き〜いも〜」の声と、甘いイモの香りに誘われて石焼きイモを買った人は数多くいるでしょう。では、石焼き芋の石って、そもそもなぜ石で焼くのか? では石だと何がいいのか? 知ってるようで知らない謎を石屋さんに直撃しました!
東京駅はビアスポット激戦地。2020年8月に開業したグランスタ東京にある最新店を、年間約300杯は呑んでいるビール好き編集・戎が巡りました。
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べてみました。今回は鶏肉の缶詰!
最新記事
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。
今、サバ界隈ではカツがアツい。一部ではとんかつを超えたとも。そのさばカツが、海苔弁当と最強タッグを結成したということでサバジェンヌが実食。その実力をガチンコ裁定します。記事の終盤には、プロレスファンには見逃せない情報も掲載。読んでみろ、とぶぞ!!
美しい色合いが目を引くボンボンショコラの「柚子」を食べると、口の中でパーンと弾けるユズの香りと果汁。そのすぐあとに感じるチョコレートはキレがよく軽やか。
長野県上田市にある『拉麺酒房 熊人』に、希少な味噌で作った“大人の味噌ラーメン”があると聞き、訪ねることにした。ここは、全国からラーメンファンが集う、知る人ぞ知る名店。
ラーメンは日々進化し続けています。その中でも、2020年にお目見えした醤油ラーメンはインパクト抜群。もちろん、味も絶品です。そんな、ココでしか食べられない一杯をご紹介します。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル